関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

私が派遣の仕事をラクだと考える理由

私は現在 20代のOLです。派遣社員として某大手企業で働いています。現在やっている仕事は受付の仕事ですが、とても楽な仕事だと感じています。
6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s.jpg
企業に来客があった時、社内の人間と取り次ぐというのが、私の主な役割です。受付でありながら、特に専門的な知識が必要あるわけではありません。笑顔と最低限の英語力があれば誰にでも勤まる仕事だと思います。それでいて時給は1300円と、一般的なアルバイトよりも割がよかったりします。基本的に来客ある時だけ動けばいいので、それ以外の時間は暇を持て余すこともある点も楽だなと感じます。
ただ、人間関係については楽かというと、そうでない面もあります。受付スタッフは基本的に2人体制ですが完全な女社会で、企業特有の派閥のようなものが存在しているのです。ただ、私はそういった人間関係はほとんど気にならず楽に働くことができていると思います
というのは、私の場合、海外旅行が好きで、その趣味の為に仕事をするのだと割り切って考えているからです。仕事中は、次に行きたい国のことばかり考えていて、社内の人間関係などあまり細かいことが気にならないという感じです。また、派遣社員は契約期間が決まっていますから、もし職場に苦手な人がいたりしても、その期間が終わってしまえば顔を合わせることもなくなります。ですから、無理に良好な人間関係を構築する必要もないと考えています。
仕事は海外旅行の資金を貯めるためのものと割り切って考え、それ以外の期間は 海外旅行をして楽しむという風に決めています。もし、仕事中に仕事のことばかり考えていたら、社内にいるお局さんの行動や、派閥のことや、パワハラっぽい上司の言動が気になりノイローゼになってしまうことでしょう。ところが私の場合、次はどこの国を旅行しようかなどと考えているものですから、そういった社内の微妙な人間関係などほとんど気になることがないのです。
また、派遣会社は多くの人材を抱えており、派遣スタッフの悩みを定期的に聞いてくれる体制にあります。もしどうしても自分に合わない職場だったとしたら、派遣会社に相談して、他の職場に移ればいいかとラクに考えていたのも精神的に楽な状態を保つことにつながっていたと思います。
身を置いている職場を楽だと感じるか否かは、やっている仕事の内容にもよりますが、仕事に対する捉え方にもあるのではないかと私は思います。もちろん仕事が充実していて かつプライベートを充実しているのが 最高にハッピーだと思いますが、なかなかパズルが合わないというのも世間の常。その場合、せめて片方だけでも充実させればそれでいいと考えるのも、ストレス社会を楽に生きる秘訣なのかもしれないと思ったりもします。
(仕事を楽に考えるコツ 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク