私が経験した暇で楽なアルバイト2つ

今まで私が体験した楽で簡単すぎる「暇で楽なアルバイト」は2つあります。
「暇で楽なアルバイト」の1つ目は「チラシのホッチキス止め」です。
当時、私は仲の良い友人と一緒に英会話学校のチラシ配りの単発のアルバイトをしていました。ある日のこと、チラシ配りが終わった後に、英会話学校の職員さんから「翌日配るチラシの準備もお願いできませんか?」と打診されました。
私はチラシ配りのアルバイトの後、特に予定もなく暇だったので、友人とともに引き受けました。そのチラシの準備とは、2枚の小さなチラシをホッチキスで止めていくだけの単純な作業でした。黙々と作業をしていると、職員さんが様子を見にきて「お話しながらでOKだよ」と言ってくれました。
a0782_000490.jpg
ホッチキス止めのアルバイトをしたのは、英会話学校の一室で友人と2人だけでした。ですから周りを気にすることなくおしゃべりに花を咲かせながらの作業を楽しむことができました。
もちろんホッチキス止めは簡単な作業ですので単価は安いのですが、話しながらのお仕事でしたので、時間があっという間に過ぎていきました。その分、それなりの作業量もこなすことができました。
急きょ追加の仕事を引き受けたため、英会話学校の職員の方にからかなり感謝され、友人と一緒だったからこその楽なアルバイトでした。
私が経験した「暇で楽なアルバイト」の2つ目は、「ディナーショーの席取り」のアルバイトです。これは、ディナーショーの席取りをするために、ホテルに並ぶというのがそのお仕事の内容でした。
ホテルに並ぶというだけですから難しい指示は一切ありませんでした。ただ、注意点としては「朝が早いので遅れないように」と言われました。
アルバイト当日、指定された時間は午前5時です。会場となるホテルに行くと私と同じくらいの大学生が他に10人ほど集まっていました。
a1090_000002.jpg
季節は真冬。しかし並ぶといっても外ではなくホテルの中だったので楽ちんでした。暖かい室内でやわらかいカーペットの上に座って、ただ席の割り当ての始まる午前10時までただ待っているだけでした。
席取りをするために待っていた5時間は人によっては長いように感じるかもしれませんが、私は友人と一緒に参加していたので退屈でありませんでした。うるさくない程度におしゃべりをしたり、眠くなったらうたた寝をしたり、交代でコンビニに行って朝ご飯を買ったり・・。
ちなみに、私たちを雇っていたのはどこかの会社の社長さんで、私たちが取った良い席はお得意様のためのものだったようです。10時になり、席順が書かれたチケットをホテルから受け取り、社長秘書の方に渡してお仕事は終了。
日給も5時間で6000円と、こんなに楽すぎるお仕事なのに割が良いアルバイトでした。
                                    (30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク