私が選ぶお得感のある楽なバイト3選

私は学生時代にいろいろなアルバイトを経験してきました。その中でお得感があってかつ楽な仕事だと思ったアルバイトをランキング形式で3つ紹介したいと思います。
私が選ぶお得感のある楽なバイトランキング
第3位「駐車場警備員」
2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_s.jpg
私が選ぶ「お得感のある楽なバイトランキング」第3位は、大型商業施設での駐車場警備員バイトです。その仕事内容はその大型商業施設に来られたお客様の駐車場への誘導です。警備する場所によっては全く車が来ないため、1日の中で1度も車を誘導しなかった日も結構ありました。そんなときは、とにかく暇で暇で仕方ない状況になっていました。仕事中は特に仕事を監視されているわけではないので、暇な時間は皆自由に過ごしていました。中には携帯ゲームで遊んだり、筋トレをしたりして時間を潰している同僚もいたほどです。
駐車場警備のアルバイトを開始する前には、講習があり、警備のイロハを学ぶことができるので未経験者も安心です。講習では主に「警察官と警備員の違い」や「現行犯の成立条件」を学びました。警備員として不審者を取り押さえる場合に備えての講習ですが、警備員でなくても知っておけばお得な内容だと思いました。
私が選ぶお得感のある楽なバイトランキング
第2位「大学でのパソコン講師」
a0001_014261.jpg
私が選ぶ「お得感のある楽なバイトランキング」第2位は、大学でのパソコン講師のアルバイトです。こちらは、大学に入学した新入生向けにMicrosoft OfficeのWord、Excel、Powerpointを、自分の母校で在学中に教えていました。
大学生協の掲示板で、パソコンに詳しい学生を対象にパソコン講師の募集があり、応募したのがパソコン講師のバイトを始めるきっかけでした。その仕事内容は講師として教えることに加え、講座に使用するテキストの作成も行いました。テキストつくりといえば難しそうに聞こえるかもしれませんが、基本的にテンプレが決まっていたので、Wordを使い慣れていれば作業は楽勝でした。
パソコン講師のアルバイトの時期は新入生が入学する直前の時期(2月~3月)のみ。大学の授業がなく暇な時期なので普段の授業を圧迫することもありませんでした。なお、大学内での講師募集ということもあってか一般的なバイトより時給はかなりよく、1日20,000円程も貰えて、給料の面でもお得感がありました。また、パソコン講師として教えた内容は、研究室で論文を書くときや、社会人になってからも活用できる内容が多く、その後にもそこで教えたノウハウを生かすことができた点も良かったです。
私が選ぶお得感のある楽なバイトランキング
第1位「ドラッグストアチェーンでのレジ」
a0002_001419.jpg
私が選ぶ「お得感のある楽なバイトランキング」第1位は、大手ドラッグストアチェーンでのレジ係バイトです。
その仕事内容は、レジ打ちと品出しが中心でした。
その作業には薬についての知識は、私たちアルバイトスタッフは不要でした。
というのは、薬に関する問い合わせ対応に関しては、店に登録販売士か薬剤師が常駐していたのです。
ドラッグストアチェーンでのレジバイトは、普通の食品や日用品について知っていれば仕事に支障はありませんでした。お店の方針にもよると思いますが、私がアルバイトをしていたドラッグストアではスーパーのような特売はなく、お客様が一気に殺到することもありませんでした。ですから、ダラダラと仕事をしていても時間内に仕事が終わっていて楽な仕事だと感じました。なお、化粧品を扱っていることもあってか、同じバイト仲間は女性が多かったです。バイトつながりでデートやご飯に行っているアルバイト仲間も結構いて、男性にとってはかなりお得感のあるアルバイトだと思いました。
 (私が選ぶお得感のある楽なバイトランキングベスト3 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク