私が4年間家庭教師バイトをつづけられた理由

a0055_000839.jpg
私は学生時代にいくつかのアルバイトをやっていました。その中で一番楽だと思ったのは家庭教師のアルバイトです。

スポンサーリンク



私の場合、家庭教師派遣会社に登録して、中学生を主に教えていました。家庭教師の役割は生徒さんのご自宅に出向いて勉強をしているというものです。
アルバイトといえば 企業や工場などに出向いてたくさんの人と関わりながら 仕事をするような案件が多いわけですが、家庭教師の場合は生徒さんと親御さんが関わる人間ということになります。
ですから、非常に世界の狭い特殊な仕事だと言えるかもしれません。ある意味、当たり外れが大きいわけですが、特に問題なければ人間関係はそうしんどいものでもないと思います。
私は高校受験の時に家庭教師の人に来てもらって県内一の進学校に合格することができたという過去がありました。 その経験をもとに生徒さんを教えていました。
教える科目や月謝などについては家庭教師派遣会社が全て仲介してくれるので、私は教えに行って帰り際にサインを貰って帰ってくるだけで十分でした。
ですから 勉強教えることだけに専念できたのでとても楽な仕事だなという風に思いました。
スポンサーリンク



また、家庭教師はただ勉強しているだけですから体力を使うこともありません。
大学の友人が引っ越しバイトをしてきつくてヘトヘトになったみたいな話をしているのを聞くたび、家庭教師がいかに恵まれた仕事かを感じていまたものです。
また、時給についても家庭教師バイトは1500円以上あったので他のアルバイトと比べると非常に割が良く稼げる楽なバイトだと思いました。
家庭教師のアルバイトをするなかで、過去に自分が勉強したことを再び学習することで知識が身に着きますし、何より年下を教えることで人間的に成長することはできたと思います。
勉強の他、将来の悩みや、学校の悩み 部活の悩みなど色々な相談にも乗る中で私自身も成長することができたと思います。
また、教えて行っていた生徒さんが無事に志望校に合格した時は自分の事の様に嬉しかったことを覚えています。
私は大学一年生から大学4年生までほぼ4年間を通して家庭教師のアルバイトをつづけました。
それだけ長く続けることができたのは、体力的にも精神的にも楽なアルバイトであったとともに、やりがいもあったからだという風に考えています。
ちなみに、就職活動の面接で家庭教師がアルバイトしていたことを話すととても高く評価していただき志望していた会社から内定をいただくこともできました。家庭教師を通して成長したこと学び得たことなどを話しました。
以上のように、家庭教師のアルバイトは私に楽なアルバイトでした。家庭教師派遣会社に登録して紹介してもらうパターンもありますし、あとは大学の厚生課で求人票を見つけて応募するというパターもあります。
大学生・短大生の人には是非やってみて欲しいおすすめのアルバイトです。
   (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク