インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

笑って拍手をするだけのテレビ観戦バイト

私は大学生の時に、テレビ観戦のアルバイトを何度かやったことがあります。そのアルバイトがとても楽で楽しいものでした。テレビ観戦のアルバイトとは、一体どんなアルバイトかというと、特別番組収録の観客になるお仕事です。
笑って拍手をするだけのテレビ観戦バイト
ある時、私が観戦者としてアルバイトに入ったのは、お笑いの番組でした。
一時間半ほどの収録で日当は3000円。
その仕事内容はというと、スタッフが指示をしたときに、観客席に座っている私たちアルバイトスタッフは大笑いをして拍手をするのです。
とても簡単で楽ちんな仕事内容でした。また、当時はインターネットがあまり普及していない時代でしたから、好きな芸能人を近場で観れたのが何より嬉しかったです。
それからもうずいぶん年月が経ちますが、そのテレビ観戦のアルバイトが今までの人生のなかで最も楽なアルバイトでした。世の中にはさまざまな職種のアルバイトがありますが、なかなか自分のしたいことをできる仕事と巡り合うのは難しいものです。その点、このテレビ観戦のアルバイトは私にとって趣味の延長のようなもので楽で楽しいと心から感じたものでした。
敢えて苦痛だったことを探してみると、テレビ観戦のアルバイトは、集合から番組収録がスタートするまでの間、結構待ち時間があったことです。私の場合、仲の良い友達と一緒にテレビ観戦のアルバイトをしていたので、楽しくおしゃべりをしてその待ち時間をつぶすことができました。ただ、周囲のアルバイトスタッフたちを見渡すと、中には暇そうにしている人も少なくありませんでした。現代のようにスマホや携帯電話がない時代でしたから、一人ぼっちでこのアルバイトに参加すると、待ち時間が結構苦痛だったかもしれないなあと感じました。
このテレビ観戦のアルバイトは、登録型のアルバイトでした。毎日仕事があるわけではないので、安定収入にはなりにくいですが、時間があってテレビを観るのが趣味の人には最適な仕事ではないかなと思います。特に、好きな芸能人がいる人なら、その芸能人が出演する番組に当たれば近場で観れるチャンスにもなると思います。いずれにしても楽で楽しいバイトだと思います
                             (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク