インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

精神的に楽な仕事と思ったバイト3選

今までたくさんのアルバイトをしてきました。中には精神的にキツイ仕事もありましたが、一方で精神的に楽なアルバイトもありました。今回は「これは精神的に楽な仕事だな!」と思ったアルバイトを3つ紹介したいと思います。
精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング
第3位「中華料理店での皿洗い」
「精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング」第3位は、結婚式場に併設された中華料理店で皿洗いをする仕事です。
精神的に楽な仕事と思ったバイト3選
皿洗いの仕事はとても簡単です。「①皿を洗う」→「②皿を拭く」→「③洗った皿を元の場所に戻す」→「④掃除、ゴミ捨て」を淡々としていくだけです。結婚式場はたくさんの料理が出されるため、皿の数も多いのですが、仕事は4人の皿洗いスタッフで分担して行っていたので楽でした。
 「①皿を洗う」作業では洗浄器を使用します。汚れが目立つ場合は、洗浄器にかける前に洗剤でさっと落とします。基本的に洗浄器でほとんど洗い落とすことができるので、皿を洗浄器にセットするくらいの手間しかかかりませんでした。この「皿を洗う」作業は大体1人で行います。忙しいときは常に洗浄器を動かしている状態ですが、暇なときは本当に暇になっていました。そんなときは他のアルバイト仲間とおしゃべりをするくらいしかやることがありませんでした。
 「②皿を拭く」作業は文字通り、洗浄器から出てきた皿をタオルで拭くというものです。洗浄器には水を落とす機能もありますが、完全に皿ついた水が落ちた状態で出てくるわけではないので、タオルで拭く必要があるのです。この役割は、2人で行っていました。ただ皿を拭くだけの超簡単な作業ですので、だいたいこの役割の2人は雑談をしながら作業を行っていました。それだけ暇な時間が多かったからです。
 「③洗った皿を元の場所に戻す」作業は、料理人がまた皿を使えるように元の場所に戻すという作業です。こちらの作業は基本的に1人で行います。最初は皿の位置がわからず、戸惑っていましたが、1日もすると慣れてしまい、スムーズに元の場所に戻すことができるようになりました。
 「④掃除、ゴミ捨て」作業は閉店の際に行う作業で、料理人たちも手伝ってくれるため、すぐに終わっていました。ゴミの入ったゴミ袋を結んで、ごみステーションに持っていくだけの作業でした
 以上のように、中華料理店での皿洗いの仕事は、とても楽な仕事でした。仕事内容があまりに簡単で、困ったことは特にありませんでした。単調な仕事なだけに飽きそうなのですが、仲間と話しながら仕事ができたため、思ったより苦痛ではありませんでした。
精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング
第2位「鏡餅の宅配」
「精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング」第2位は、近所の和菓子屋さんで正月限定に募集している鏡餅の宅配バイトです。
精神的に楽な仕事と思ったバイト3選
宅配先が近所なので、土地勘があり、宅配の際、迷うことがなく楽だと感じました。また、正月ということもあって、お客さんも皆和やかであったことから、非常に仕事がしやすかったです。
あと、商品である鏡餅は、ピザやお弁当のように冷める心配がなく、ゆっくり宅配できたことも楽に仕事ができた要因のでした。お給料も正月価格で高額だった記憶があります。
精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング
第1位「塾の試験監督」
「精神的に楽な仕事だな!と思ったアルバイトランキング」第1位は、学習塾で試験監督をする仕事です。
精神的に楽な仕事と思ったバイト3選
試験監督の仕事内容は、テストの配布、巡回、回収が主なものでした。学習塾での仕事でありながら、どの作業も特に知識や、技術を求められるものではありません。
テスト配布後、試験の開始時間になると「始めてください」、テスト終了時間に「終わってください」と告げます。試験時間中は、単に教室を巡回するだけ。もしカンニングをしていたり寝ている生徒がいれば、その教室の担当の先生に報告。こちらで対応する必要はありませんでした。
そして試験が終了したら、テストを回収して、答案の枚数を数えて、終了です。基本的に誰とも会話することなく、ストレスなくできる楽な仕事でした。
     
     (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク