美術館監視員バイトの1日

私は大学生のとき、美術館監視員のアルバイトをしたことがあります。この美術館監視員のアルバイトがとても楽なアルバイトで印象的でした。その仕事内容は、来館される方が美術品を傷つけないように、ただ監視をするというものです。
b12dbb779af248b819e5f3eb8adb9b32_s.jpg
例えば、絵画に手で触れたり、展示室内で飲食をしてるなど、禁止行為をしてる人がいないかを監視。もし派遣したら注意するんどえす。美術館の仕事と聞けば、絵画や彫刻に関する専門的な知識が必要だと思われがちです。しかし 美術館監視員のアルバイトに関しては、それが求められませんでした。
もし美術に関する専門的な質問を来館者からされたら、無線で学芸員さんを呼ぶとバトンタッチしてくれます。実際のところ、美術館監視員のアルバイトスタッフがすることといえば、展示室内に置かれた椅子にただただ座っているだけでした。
しかも、私が美術館監視員のアルバイトをした美術館は、郊外にあり、あまり来館者数が多くありませんでした。土日祝日はそこそこお客さんは来ても、平日となると 閑散としていました。1時間に数名しか入館者がいないこともしばしば。
そういった限られた人数の中で 美術品を傷つけそうな人に遭遇する確率など、宝くじに高額当選する確率くらい低いものでした。となると、美術館監視員のアルバイトたちのやるべきことは、皆無に等しい状況になっていました。実質的には その場にただいるだけという、まるで生きた彫刻のような存在と化していました。来館者から声をかけられる場面があるとしても、ごくまれに、トイレの位置を聞かれて回答する程度でした。
仕事をしているというより、暇つぶしを延々としているような感覚に限りなく近かったです。こんなんで本当に給料をもらえるのだろうか?と途中から不安に思うほど楽なアルバイトでした。
この美術館監視員のアルバイトに来ている子達は、私と同世代の大学生や短大生が中心でした。仕事柄、芸大生、美大生が多かったですね。お昼ご飯も支給され、みんなで楽しく会話をしながら お弁当を食べた時間も楽しかったです。美術館の正規スタッフの方々も親切で穏やかな人ばかりで、人間関係も楽なアルバイトでしたね。
以上のように、美術館監視員のアルバイトは、やるべき仕事量が非常に少なく、体力的にも精神的にも楽なアルバイトでした。それでいて 時給は千円近くあり、その楽な仕事内容に比べると非常に割が良いアルバイトだと感じました。
ごく稀にしか募集がないレアな短期バイトでありますが、皆さんも求人を見つけたらやってみてはいかがでしょうか。椅子に座ってじっとしているのが苦手な人でなければ、きっと楽にお小遣いを稼ぐことができ、楽なアルバイトだと感じると思いますよ。
 (楽なアルバイトの体験談 20代女性)