英検試験監督バイトの仕事内容

66a8f45131e65ad85853ede7795f8fe7_s.jpg
私は現在会社員をしていますが、副収入がほしいと思い、アルバイトサイトのバイトルから副業OKのアルバイトを探し、応募しました。

スポンサーリンク



単発のバイトの場合、事前の登録会などが必要な場合が多いです。ただ、このバイトルで見つけた案件「英検試験監督」はそのようなものも必要なく、現地集合現地解散という形でした。その点も楽だったと思います。
バイトルの短期バイト案件一覧はこちら>>バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報一覧
試験会場はお台場にある学校内でした。駅から少々歩いて試験監督用の会場に到着。
集合時間になると全体でこの試験の概要と仕事内容や一日のスケジュールについて冊子を用いて説明を受けました。
受付、誘導、教室試験監督などの役割があり、私は教室試験監督を担当。担当振り分け後にその担当ごとの仕事内容について詳しく説明がありました。
その後午前と午後の2つの試験の監督をしました。
スポンサーリンク



その業務内容としては、試験開始前のCDの音声確認・受験者の人数確認と受検説明・配布物の配布と回収・試験中の監督・時間管理・試験開始後の後片付けなどです。
仕事の流れはすべて冊子(マニュアル)に時間と共に書いてあったので安心でした。
また受験者の前でいう言葉もすべてセリフのように書いてありました。続々と入室してくる受験者は緊張感があって自分まですこし緊張しました。
受検者集合時間になるまでお手洗いの案内や受験者の案内をし、時間になったら試験案内を始めました。普段人の前にたって説明することがなかったからかもしれませんが、いざ説明し始めると緊張しました。
ですが、試験開始前の説明も冊子に書いてある通りに読めばいいので緊張しても間違いなくこなすことができました。
緊張したのはそこだけで、試験中はCDを流す以外は見回りや監視のみなので体力的にとても楽でした。また、教室は涼しいので快適でした。
お昼はお弁当とお茶が支給されました。単発の仕事の場合、お昼を買いに行かなければならないなど面倒なことが多いですが、英検試験監督の場合、1時間ゆっくり食べることができました。
勤務時間中、困ったことは受験生が教室を時間ぎりぎりになって間違っていることに気づき、その対処をしたこと。
その時は少々焦りました。あとはCDをオーディオから流す作業に手間取ったことくらいで、あとはイレギュラーなことは発生しないで平和に終了しました。
また、私の担当が一番業務内容が多くマニュアルのページ数も多かったのですが、受付や誘導はさほど仕事内容は多くないようでした。
違う担当だったらもっと楽だったかもしれません。給与は全試験終了後、後片付けが終わったあとに名前で呼ばれ、手渡しで渡されました。
関東と郊外だと支給額が違うようですが勤務時間8:00ー17:00で8000円と思ったよりも良い日給でした。
体力は全く使わないですし、仕事内容もすべて書いてある通り。しかもお昼も出る。ほかの試験監督とも仲良くなることもできたので、楽で楽しいアルバイトだったことが印象的でした。
最後に、求人情報サイト「バイトル」はいろんなアルバイト情報サイトのなかで、英検試験監督はじめ試験監督系の案件も豊富なのでお勧めですよ。
バイトルの短期バイト案件一覧はこちら>>バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報一覧
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク