インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

行動心理学実験バイトが楽なアルバイトNO1

私は現在大学生で、短期バイトを中心いやっています。そのなかで行動心理学実験のアルバイトが楽なアルバイトNO1だと思います。
行動心理学実験バイトが楽なアルバイトNO1
行動心理学実験のアルバイトとは一体何かというと、大学や研究機関に出向いて行動心理学実験の実験台になるというものです。実験台と聞くと何だか怖そうだなというイメージを持たれる方もおられるかもしれません。ただ、少なくとも私が体験した行動心理学実験バイトは、どれも楽しくて安全なものばかりでした。
ある日の行動心理学実験は、大学の研究室に出向き、ロボットと会話をするという内容でした。数台のロボットが研究室内に置かれていて、いろいろな質問をしてきます。実験台である私は、それに回答して、ロボットの印象やそのとき感じたことなどをアンケートに書くというものでした。
自由に感じたことをただ書くだけ。そこには心理学に関する知識など全く要りませんでした。2時間の拘束時間だったのですが、1時間半くらいで終わってしまいました。大学生や短大生を中心に、行動心理学実験バイトは大人気です。
謝礼金(日給)は後日、登録してる会社から振り込まれる形でいただきました。少し難点としては、行動心理学実験バイトの多くは、交通費が出ないこと。ですから、案件の条件が良くても、あまり遠方の現場なら稼ぎになりにくいというわけです。近くにある現場なら非常においしいアルバイトであるのですが。
また、心理学実験のアルバイトは、心理学の分野の最先端の研究とはどういったものなのか、断片的ですけれどそれにふれることができます。そういった実験を通して、日本の未来を想像するというのも楽しかったりもします。上記の事例では、ロボットと人間が自然に会話をする時代がくるのかなあと思うと、ワクワクしたものです。
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク