インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

試験監督は暇で楽なアルバイト体験談

 私は大学生の時、単発バイトをいろいろやっていました。その中で一番楽なアルバイトだと思ったのは、試験監督バイトです。試験監督のアルバイトは資格試験や模擬試験などで試験問題を配ったり見回りをしたりする仕事です。
試験監督は暇で楽なアルバイト体験談
試験監督のアルバイトは試験が始まる時間の大体2時間くらい前に始まります。全員、スーツ着用が必須。点呼の後、責任者から当日の段取りや仕事上の注意点について説明があります。あとは、教室の座席が書かれた紙などを貼る作業や来場者にWCの位置を知らせるなど、それぞれの分担が割り当てられます。
試験時間が迫ってくると担当の教室に行き、試験問題・解答用紙を配布します。行き渡ったことを確認したら、リーダーの試験監督が試験の注意事項を案内。試験開始時間とともに「始めてください」と合図をします。
試験中は、私たちアルバイト試験監督は、カンニングをしている受験生がいないかをチェックします。あとは、質問があったりWCに行きたい人は挙手をするので個別に対応します。ただ、大抵は何事も起きず試験時間は過ぎていきます。カンニングをしている受験生を出くわすなど、私は未だ経験がありません。
もし仮にカンニングをしている生徒がいたとしても、その場でアルバイト試験監督が対応することはありません。リーダーの試験監督にさりげなく伝えに行き、あとはお任せするようになっています。ですから、何か不測の事態が起きたときも、気楽に構えていることができるのです。
資格試験の場合、受験票に貼られている顔写真と本人の顔がが合っているかを確認しながら会場内を歩くこともあります。それが終われば、あとはひたすら教室の後ろからぼーっと暇つぶしをしている感じです。
試験監督のアルバイトは、試験時間中、一日を通して立ち仕事であることもありますが、ずっと椅子に座ったままという案件もあります。前者の場合、少し足はだるくなりますが、仕事自体で疲れるといった感じではありません。大変だったことがあったといえば、あまりに暇すぎて危うく寝かけてしまったことがあったことくらいでしょうか。リーダーの試験監督の「終わって下さい」という試験終了の合図でハッと目が覚めましたが、あのときは少し寝てしまっていたと思います。
試験時間が終われば解答用紙を回収して、枚数をチェック。責任者に渡して一教科は終わりです。それを、当日予定されている試験の教科数こなしたら、その日の仕事は終わりです。
試験監督のアルバイトが楽なアルバイトだと思う理由は、日給にもあります。5時間ほどの勤務時間で日給は7000円~8000円ほどもらっていました。その楽な仕事内容からすると、割が良く楽に稼げるバイトだとも感じました。1度経験したら、同じ単純作業の繰り返しですし、ややこしい人間関係も皆無。大学生、短大生がたくさん活躍しているだけに、同世代の人なら友達もできやすいと思います。以上のように、試験監督バイトはぜひお勧めの楽なアルバイトです。
 (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク