関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

走行調査のアルバイトはあまりに楽すぎ

私は40代の男性です。今までやってきたアルバイトのなかでダントツで楽チンだったアルバイトは「走行調査」のアルバイトです。走行調査のアルバイトは、1日のみの単発短期バイトで、2人1組での応募が条件でした。日当は日払いで1人につきなんと¥10000!当時つきあっていた彼女と2人1組ということで応募しました。
まずは都内の調査会社の事務所に、運転免許証のコピーと履歴書を持参して面接(説明会)がありました。特に問題なく採用となり、社員の方がレンタカー会社からレンタカーを手配してくれました。「走行調査となる明日は、このレンタカーに乗っていただきます。説明会の指示通り、この事務所までレンタカーで帰社してください。説明は以上です」との仕事内容の最終確認がありました。
そこまでは私達は2人で真顔で対応していましたが、車内に入ると2人で大笑いでした。何故ならば仕事内容があまりにも簡単すぎたからです。
a0001_011772.jpg
その仕事は以下のような感じでした。
まず当日の朝7時に東名高速道路の川崎インターチェンジから東京出口まで運転し、その走行時間を記録する。
そして同日18時に東名高速道路の御殿場インターチェンジからノンストップで東京インターチェンジまで運転し、所要時間を記録する。するべき作業はたったそれだけだったのです。
しかも、昼間は完全に自由行動で良いとのこと。
「てことは、明日はドライブデートということでOK?」と2人の思惑は一致。2人で計20000円の日給を頂き、レンタカーまで用意してもらって彼女とデートとは!!
しかし、冷静に考えてみると、そんなおいしいバイトなんてさすがにありえないと思いました。ひょっとしたら説明会で何か聞き逃したのかも?と不安に思い、事務所に確認の電話。そうしたら、「ええ、それで合ってますよ。御殿場まで行かせることになって本当に申し訳ないです」と言われてしまいました。
その日は彼女を私の自宅へ泊め、翌日の走行調査のアルバイトに備えました。指示通り、早朝、川崎インターチェンジへ向かいました。東名高速道路の川崎インターチェンジから東京出口まで運転し、その走行時間を記録。予想を反して交通量は少なく15分ほどで終了してしまいました。それで午前中の仕事は終了です。
午後の仕事は、18時には御殿場インターチェンジから上る為にドライブ気分で西へ車を走らせました。途中、パーキングにて朝食をとるなど、おいしいものを食べておしゃべりをして、ゆったりと楽しい時間を過ごしました。そしてのんびり御殿場へ・・・。
そして御殿場インターチェンジから東京インターチェンジまでノンストップでの計測開始です。それも偶然なのか普段通りなのか分かりませんが、全く渋滞などなく道路は空いていてゴールである東京インターチェンジへ到着。ハイ、仕事終了!
レンタカーの返却と日当の受け取りをする為にリサーチ会社の事務所へ。そこが一番の渋滞でしたが事務所ではレンタカーのカギを返却し計20000円を頂き事務所の外へ!
さすがに封筒から日給のお札を取り出し、ちゃんと透かしが入っているか何度も確認しましたね(笑)彼女とドライブデートをしただけでこんなに高い日当までいただけるなんて、信じられませんでした。今考えても、本当にありえないほど楽ちんなアルバイト体験でした。
                          (楽すぎるアルバイトの体験談 40代男性)

スポンサーリンク