超ゆったりした引っ越しバイト

 フリーター時代に見つけた短期アルバイトで、某有名大手企業のオフィスの引っ越し作業をやったことがあります。そのアルバイトがとても楽な仕事でした。
引っ越しのアルバイトといえば、体力が要って急かされて忙しい仕事だとイメージされがちです。しかし、私がアルバイトをした現場は、大規模の有名企業で、3か月に渡って現況オフィスから新オフィスにシフトしていくという内容の引っ越しでした。
a0002_000816.jpg
3か月間かけての超ゆっくりした引っ越しのアルバイト。
時間がたっぷりあり依頼主から急かされることがないので、スタート地点からして気が楽でした。
しかも仕事内容もシンプルなものでオフィス備品の搬送でした。
例えば「●●部●●課のデスク一式」を「●●室」まで搬送、といった具合です。
それだけ大規模な引っ越しのため、アルバイトの人数は100人ほどおり、中にはこういったオフィッスの引っ越しバイトの経験者が多くいました。ですから、引っ越しの経験のない私などは経験者から「これも運んどいてくれる?」みたいに言われて軽い備品(ライトや電話機などの小さな備品)を搬送するだけでOKでした。重たい荷物は経験者が手際よく次々と運んでくれました。
3か月という長いスパンでの引っ越し作業でしたから、私たちアルバイトたちは、休憩時間も明確に決められているわけではなかったのも気楽でした。それぞれがそれぞれのタイミングで喫煙したり、水分補給をしたりできたのです。疲れたら休む、作業をして疲れたら休むをくりかえすこともOKだったので、体力的な消耗もあまりありませんでした。
アルバイトたちがしっかり仕事をしているかは、見張り役として現場監督の人が巡回していましたが、じっとその場にいるわけではありませんでした。たまに現場ですれ違う程度で「毎日すごく頑張ってくれてありがとう!」と感謝され、さらには最後の2週間ぐらいは差し入れでジュースやアイスなどをいただき本当にこんなに楽でいいの?と思うほどでした。結局、3か月間をフル勤務した私は皆勤賞でプラス3万円ももらいかなり楽に稼ぐことが出来ました。
     (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク