インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

超ゆったりした引っ越しバイト

 フリーター時代に見つけた短期アルバイトで、某有名大手企業のオフィスの引っ越し作業をやったことがあります。そのアルバイトがとても楽な仕事でした。
引っ越しのアルバイトといえば、体力が要って急かされて忙しい仕事だとイメージされがちです。しかし、私がアルバイトをした現場は、大規模の有名企業で、3か月に渡って現況オフィスから新オフィスにシフトしていくという内容の引っ越しでした。
超ゆったりした引っ越しバイト
3か月間かけての超ゆっくりした引っ越しのアルバイト。
時間がたっぷりあり依頼主から急かされることがないので、スタート地点からして気が楽でした。
しかも仕事内容もシンプルなものでオフィス備品の搬送でした。
例えば「●●部●●課のデスク一式」を「●●室」まで搬送、といった具合です。
それだけ大規模な引っ越しのため、アルバイトの人数は100人ほどおり、中にはこういったオフィッスの引っ越しバイトの経験者が多くいました。ですから、引っ越しの経験のない私などは経験者から「これも運んどいてくれる?」みたいに言われて軽い備品(ライトや電話機などの小さな備品)を搬送するだけでOKでした。重たい荷物は経験者が手際よく次々と運んでくれました。
3か月という長いスパンでの引っ越し作業でしたから、私たちアルバイトたちは、休憩時間も明確に決められているわけではなかったのも気楽でした。それぞれがそれぞれのタイミングで喫煙したり、水分補給をしたりできたのです。疲れたら休む、作業をして疲れたら休むをくりかえすこともOKだったので、体力的な消耗もあまりありませんでした。
アルバイトたちがしっかり仕事をしているかは、見張り役として現場監督の人が巡回していましたが、じっとその場にいるわけではありませんでした。たまに現場ですれ違う程度で「毎日すごく頑張ってくれてありがとう!」と感謝され、さらには最後の2週間ぐらいは差し入れでジュースやアイスなどをいただき本当にこんなに楽でいいの?と思うほどでした。結局、3か月間をフル勤務した私は皆勤賞でプラス3万円ももらいかなり楽に稼ぐことが出来ました。
     (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク