車を数えるだけの簡単バイト、交通量調査

私はフリーター時代に、数多くの短期バイトを経験してきました。中にはしんどい割に時給が安いアルバイトもあれば、お金をもらっていいの?と思うほど楽なアルバイトもありました。
7ddb6de783cc96e0be4512f5754605fc_s.jpg
「楽なアルバイト」のなかで、募集を見つけたとき私が真っ先に応募していたバイトがあります。それは、交通量調査のアルバイトです。どうして交通量調査バイトなのかと言うと、仕事が超簡単なのに日給が高いからです。
交通量調査の仕事内容は、車の数を数えてその台数を記録するだけという簡単なものです。仕事の難易度だけ考えると、はっきり言って幼稚園児にもできる仕事ではないでしょうか。目の前を車が通過すると、専用のカウンターをカチカチ押して台数をカウントするだけですから。そして、1時間経過したらカウンターに表示されている数字を記録用紙に転記するのです。
そんな作業を椅子に座ってやるので足腰が疲れることもほとんどありません。機械的に数えればいいので、頭を使う必要もなければ、ひとりで作業をするので誰かに気を使うという場面もほぼ皆無です。
そんな非常に楽なアルバイトなわけですが、交通量調査バイトは、実は日給が結構高いんです。12時間調査(実働時間8時間+休憩4時間)の場合、交通費込ながら8000~11000円ほどの日給をもらうことができます。時給に換算すると1000円を超えてくるので、こんなに楽に稼げる仕事というのはなかなかないと思いました
ただ考えることは皆同じで、募集が始まると、応募電話をしても電話が殺到して1時間くらいつながらないといったことも結構ありました。それだけみんなラクに稼ぎたいということでしょう。
交通量調査バイトは求人雑誌でもたまにみかけますが、応募をできるだけするためには最新情報を得ることが先決なので、求人情報サイトを活用することがおススメです。なお、調査会社によっては1度きちんと仕事をしたら、2回目以降は優先的にメールで仕事案件の情報をいただけるケースもあったりします。そんなメールに返信する形で応募するときは、採用される確率が高くなっていました。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク