車用品販売店での店員の仕事は本当にラク

今回私がご紹介する「楽な派遣バイト」のは、車用品販売店での店員の仕事です。あまり聞きなれないバイトかも知れませんが、これが本当に楽なバイトなのです。さっそくその仕事内容を書いてみたいと思います。
a1180_005649.jpg
私がこの派遣型の車用品販売店での店員の仕事を始めたキッカケは、大学時代にたまたまある派遣会社に登録をしたことでした。大学に通いつつ、授業がない日に、1日〜の単発アルバイトを紹介してもらう生活をしていた時期。その日々のなかでやった派遣バイトのひとつが「車用品の店員バイト」でした。
私が登録していたその派遣会社は、アルバイトをするにあたって必要なマナーや知識などを無料研修を通して学ぶことができるようになっていました。ときにはたった1日の仕事のために、3時間ぐらいの研修があるときもありました。その研修にはバイト料こそ出ませんでしたが、私はありがたいなと感じていました。というのは、当時大学生だった私にとって、社会人として必要な基礎をその研修を通して学ぶことができたからです。それはその後の就職活動にも生きたと感じています。
さて、車用品を販売するお店での店員の仕事内容ですが、お客さんと店員さんをつなぐというものでした。当時、私は車に関して全く知識を持っていなかったのですが、お店の方も私が1日だけしか働かない派遣バイトということを知っていて、特に専門的な知識を求めて来ませんでした。お客さんからオイルのことを聞かれたら、店員さんを呼んで接客をしてもらう。これが私に課せられた仕事でした。
「〜のオイルはどこですか?」と聞かれたとき、たまに手が空いている店員さんがいないときがありました。そんなときは、そのオイルを探して「ここです」と言うだけでした。もしお客さんからそれ以上の詳しいことを聞かれたら「少々お待ちください」とことわりを入れ、別の店員さんの手が空くのを待っていれば良かったです。非常に簡単で楽な仕事だなとも思いました。
車用品店だけに、客層としては男性のお客さんが多く、なかにはいかにもスピードを出しそうな気性の荒そうな人もいました。ただ、あくまで私は雑用係という立ち位置で、接客するのは店員さんでした。ですから、私自身がクレームを受けることは一切ありませんでした。
1日の仕事が終わり着替えて派遣会社に完了報告をすれば仕事は完了です。ちなみにその案件の時給は驚くことに1500円もありました。ただ車用品店の店内をうろうろして、お客さんと店員を繋ぐ役割ををしていただけなのにこの高時給はありえないと思いました。楽な仕事内容である上に割りも良かったので、本当においしい仕事だと感じました。
世間にはブラックバイトがいろいろあることが問題になっていますが、求人雑誌や求人サイトを時間をかけて探せば、楽に稼げるホワイトバイトも見つかるもの。派遣の仕事についても良い案件がいろいろあると感じました。派遣バイトは、その問題点がクローズアップされがちですが、派遣会社が間に入ることで、何かあったとき責任が分散されますし、アルバイトより時給が高く設定されていることが多く、メリットもいろいろあると思います。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

~日本最大級の派遣情報サイト~
車用品店の店員の派遣バイトもそのひとつで、一見すると人があまりやりたがらないような仕事なだけに時給が高めに設定されていたのかも知れません。
   (楽な派遣バイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク