インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

辞めてから気付く楽な仕事3

私は今までさまざざまな分野の仕事をやってきました。その中で、辞めた後に「あ、あの仕事、考えてみたら楽だったな」と気付いたものもありました。そんな仕事のランキングベスト3を以下、紹介したいと思います。

辞めてから気付く楽な仕事 ランキング

第3位「パチンコ店」
私が選ぶ「辞めてから気付く楽な仕事 ランキング」第3位は、パチンコ店でのアルバイトです。
辞めてから気付く楽な仕事3
その主な仕事内容は、カウンターで特殊景品の交換をしたり、お菓子や商品の交換作業をしたりするものでした。
あとは、ホールで掃除をしながらお客様の顔や行動をチェック、同時に台を叩いたり不正行為をしている人はいないかどうかの確認も行っていました。そういった確認作業の報告は、インカムにて、他のスタッフと連携を取りながら処理していました。あとは玉の上げ下ろしや故障対応なども時々。パチンコ屋での仕事の流れはザッとこの様な感じです。
文章にすると、パチンコの仕事は沢山やる事があるように感じるかもしれません。ただ、それらの仕事を1人で行うわけではありませんでした。幹部の人達が重要な仕事はほとんどやってくれていましたし、私がいつもやっていた業務といえば、清掃と玉の上げ下ろし、あとコインの補給くらいのものでした。皆楽しそうに働いていましたね。適度に忙しかったので、時間が経つのが早く感じたのも楽な仕事だなと思った要因です。パチンコ店の仕事は給料も良かったですし大満足の仕事でした。ただ、30歳になったとき女性がやる仕事としてはやや厳しいかなと思い、辞めてしまいました。今考えてもパチンコ屋での仕事は、楽な仕事だったなと懐かしく思い出します。
辞めてから気付く楽な仕事 ランキング
第2位「洋服販売員」
辞めてから気付く楽な仕事 ランキング第2位は「洋服販売員」のアルバイトです。
私はスーパーマーケットの2階にある洋服コーナーで仕事をしていたことがあるのですが、とにかく楽でした。
辞めてから気付く楽な仕事3
やる仕事が簡単だった上に、お客様の数が少なかったのです。
洋服コーナーお客様は、暇つぶしで来られる方も中にはおられましたが、大体のお客様はお目当ての商品があり来店されます。
ですから、聞かれた商品を一緒に探して笑顔で対応すれば十分でした(わからない商品については先輩達へお願いしていました)
同じ洋服コーナーには、レジスタッフや商品の管理スタッフもいましたが、人間関係もまずまず良好でした。また、コミュニケーションをとる場面はあっても休憩時間内くらいのもので、店頭に出てしまうと職員同士での会話も殆ど必要ありませんでした。仕事中は、お客さんがフロアにいない時間も多く、やることがなくて、ただボーっと過ごすことが多かったです。それなのにお給料はまずまず高かったので、辞めた後、割りが良い楽な仕事だったなと思いました。

辞めてから気付く楽な仕事 ランキング

第1位「小規模な会計事務所の事務員」
辞めてから気付く楽な仕事 ランキング第1位は、小規模な会計事務所での事務員の仕事です。
辞めてから気付く楽な仕事3
その仕事内容は、会計ソフトの打ち込みや現金の管理、あと書類の整理でした。
小規模な事務所ということもあってか、あまり決まりのない自由でした。与えられた仕事をこなしさせすれば、あとは自由に休憩したり休みを貰ってもOK。
そんなユルい職場でした。
ただ、中にそりの合わない上司がいて、何もミスしていないのに文句を言われたりしました。私はそれが嫌で辞めてしまいました。しかし、今から思えば、辞めてしまうほどのことではなく、もったいないことをしたなあと思います。それだけその事務員の仕事は楽な仕事だったからです。その上司と意見が合わなかったのも、明らかにコミュニケーション不足が原因で、もっと話をしてみれば良かったです。なかなか楽な仕事というものはないものですね。その会計事務所を辞めた後、それ以上に楽な職場は見つからず、結局私は今は忙しい職場で働いています。
  (辞めてから気付く楽な仕事 ランキングベスト3 30代女性)

スポンサーリンク