インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

選挙投票所での受付業務のアルバイト

私が選挙投票所での短期アルバイトを知ったのは、市役所での募集でした。たまたま市役所の掲示板に貼ってあった求人情報の用紙を目にしたのがきっかけです。
選挙投票所での受付業務のアルバイト
募集人数は各選挙投票所につき3人ほどだったので、競争率が高いんだろうなと想像していましたが、実際にはそんなこともなくすんなり採用となりました。おそらく、それほど広く募集情報が公開されていなかったからだと思います。私が配属された選挙投票所で勤務することになったのは計10名で、アルバイトの人以外は市役所職員の人でした。
事前にこの選挙投票所でのアルバイト対象に、事前に市役所にて説明会がありました。そのため、このアルバイトのためには説明会と投票日の2日間を空けておく必要がありました。説明会の拘束時間として考えると
時給単価が下がるので、人によっては割に合わないと感じるかもしれないなとは思いました。
いよいよ選挙当日、選挙投票所での勤務時間は朝から夜までと、丸1日となるため拘束時間は長めです。私はもともと体力勝負の仕事が苦手で、広いフロアを歩きまわる接客の仕事をするとひどい筋肉痛になってしまっていました。
ですから体力面を一番危惧していたのですが、この選挙投票所でのアルバイトは椅子に座っての仕事でしたので楽でした。また、常に投票をしに有権者が選挙投票所に来るわけではなく、人の流れが途切れてしまうことがたびたびありました。そんなとき、やることが何もなくなり、ただぼーっと暇な時間を過ごしていることも。
有権者の人数が多い地域であれば、たえず受付に人が来て大変かもしれませんが、私が配属された選挙投票所は、人が途切れがちでむしろ暇疲れをしてしまうほど。ただ、たまたま市役所職員の人がお話好きだったおかげで和やかな雰囲気にしてもらえました。
選挙投票所でのアルバイトは1日中、ほとんど座ったままの仕事となりました。選挙は年1~2回なので、この選挙投票所でのアルバイトもほんの時々しかないのが難点ですが、あれば毎回参加したいので、しばしば市役所の掲示板を見に行ったりしています。最初は緊張もしていたものの、仕事内容に慣れてしまうととにかく楽チンで緊張することもなくなりました。最近は、受付でその地域に住んでいる人たちの顔を見て、人間観察ができる楽しさも感じています。
        (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク