選挙投票所での受付業務のアルバイト

私が選挙投票所での短期アルバイトを知ったのは、市役所での募集でした。たまたま市役所の掲示板に貼ってあった求人情報の用紙を目にしたのがきっかけです。
e47eea36d36ca0a8c06968df78dbcb12_s.jpg
募集人数は各選挙投票所につき3人ほどだったので、競争率が高いんだろうなと想像していましたが、実際にはそんなこともなくすんなり採用となりました。おそらく、それほど広く募集情報が公開されていなかったからだと思います。私が配属された選挙投票所で勤務することになったのは計10名で、アルバイトの人以外は市役所職員の人でした。
事前にこの選挙投票所でのアルバイト対象に、事前に市役所にて説明会がありました。そのため、このアルバイトのためには説明会と投票日の2日間を空けておく必要がありました。説明会の拘束時間として考えると
時給単価が下がるので、人によっては割に合わないと感じるかもしれないなとは思いました。
いよいよ選挙当日、選挙投票所での勤務時間は朝から夜までと、丸1日となるため拘束時間は長めです。私はもともと体力勝負の仕事が苦手で、広いフロアを歩きまわる接客の仕事をするとひどい筋肉痛になってしまっていました。
ですから体力面を一番危惧していたのですが、この選挙投票所でのアルバイトは椅子に座っての仕事でしたので楽でした。また、常に投票をしに有権者が選挙投票所に来るわけではなく、人の流れが途切れてしまうことがたびたびありました。そんなとき、やることが何もなくなり、ただぼーっと暇な時間を過ごしていることも。
有権者の人数が多い地域であれば、たえず受付に人が来て大変かもしれませんが、私が配属された選挙投票所は、人が途切れがちでむしろ暇疲れをしてしまうほど。ただ、たまたま市役所職員の人がお話好きだったおかげで和やかな雰囲気にしてもらえました。
選挙投票所でのアルバイトは1日中、ほとんど座ったままの仕事となりました。選挙は年1~2回なので、この選挙投票所でのアルバイトもほんの時々しかないのが難点ですが、あれば毎回参加したいので、しばしば市役所の掲示板を見に行ったりしています。最初は緊張もしていたものの、仕事内容に慣れてしまうととにかく楽チンで緊張することもなくなりました。最近は、受付でその地域に住んでいる人たちの顔を見て、人間観察ができる楽しさも感じています。
        (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク