インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

電気関連会社での経理事務の仕事は楽でした

以前、私は正社員として 電気の保安管理をする会社に勤めていたのですが、とても楽な仕事でした。私はその会社で経理事務をやっていたのですが、そんなに仕事量がないのにも関わらず正社員の事務員が二人いました。ですから、時には仕事を取り合うことがあるほど暇な状況になっていました。
電気関連会社での経理事務の仕事は楽でした
原因は、社長が世間知らずで自分の仕事の分野以外は全然わかっていなかったという点にあると思います。確かに、経理事務の仕事はパソコンを使いこなせる人でないとなかなか勤まりません。ですから私も最初はパートの方に教わりながら少し苦心しました。ただ、もともと総務経理の仕事をやってきたこともあり、仕事を覚えるのにそう時間はかかりませんでした。一度仕事に慣れてしまえば毎日やる仕事は同じなのでとても楽になりました。そして、慣れ過ぎてしまうと・・本当に暇すぎて仕方なくなってしまったのでした。正社員1人でもできる仕事を2人も雇っていれば、暇になってしまうのは言うまでもありません。
社長は昼から外出して夕方すぎまで戻ってきません。ですから、その時間は正社員もパートさんも昼寝をしたり、ネットサーフィンをしたり、DVDを観ていたりと自分の好きなことをしていました。また、社長がいるときでも、パソコンを使えばすぐ作成できるようなグラフを時間をかけて作成したりもしていました。他にやる仕事があればもちろんやるわけですが、聞いても仕事自体がないので、いつしかそのような過ごし方に暗黙の了解となっていたのです。
電気関連会社での経理事務の仕事は楽でした電気関連会社での経理事務の仕事は楽でした
人数が少ない会社だったので、正社員、パートさんとの格差もなく、人間関係も難しくないのも精神的に楽でした。電気の保安管理をやっている会社なので月々営業に回らなくてもお金が入ってくるシステム。ですから、一般的な会社のようにノルマに追われて、成績を上げなけばガミガミ言われるといった場面も全くありませんでした。点検で外回りをする男性の正社員も2人いらっしゃいましたが、夕方の5時半には終わる仕事なので、あまりかりかりしておらずのんびりした雰囲気で働いておられましたね。
そんなお気楽な雰囲気の会社でしたから、会社内の人間関係も良好で、わからないことがあってもとても聞きやすい空気があってので本当に楽でした。
ちなみに、私はその会社で働く前は、かなり忙しい会社で働いていました。残業もさせられ主婦の私は精神的に参ってしまいダウンしてしまいました。それに比べるとその会社は天国でした。時給こそ高くはありませんでしたが、ボーナス(寸志ですが)年に2回と決算ボーナスも支給されていました。時には暇すぎて時間の使い方が分からず困ったこともありましがが、何よりのんびりと気楽に働けたので良かったと思います。
                           (楽な正社員の仕事の体験談 30代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク