インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

電話業務だけしてればいい楽なバイト

大学時代、私は一時間くらいかかる大学に通学していたため、短時間で効率よく働けるアルバイトをさがしていました。求人誌を探したところ、その中で見つけたのが、家の近所にあったある会社のコールセンターのアルバイトでした。
電話業務だけしてればいい楽なバイト
その仕事内容は電話をするだけなのに時給は1000円と高額なものでした。
電話はお客からかかってくるクレーム対応が中心でした。
中にはすごい剣幕で電話をしてくる人もいましたが、クレームの多くは、商品の使い方が簡単な操作方法でつまづいていることがほとんど。少し説明しただけで解決できるようなものばかりでした。
なお、そのコールセンターでは勤務時間の途中で社員の人は外出してしまうので、そのコールセンターのオフィッスには私ひとりだけになりました。つまり、電話さえ出れば何をやろうが自由というわけです。そのオフィッスには漫画や雑誌が豊富にあり、読み放題でした。ときにはほとんど電話がかかってこない日もあり、そんなときは楽ちんすぎて正に天国でした。
たまに、変ないたずら電話がかかってくることもありましたが、それも電話を受けていくうちに慣れてしまいました。
そのコールセンターでは土日も仕事があって、その日はずっと社員さんはおらず、クレームの電話は平日よりも少なめでした。ですから漫画を持ってきたりして読むだけで時間が過ぎたこともありました。
では電話以外にやることが全くなかったかというとそうでもありませんでしたが、本当に楽で簡単な作業ばかりでした。例えば、ポイントカードの作成。これは一枚一枚、カードをラミネーターで通すだけでとても単調で楽な作業でした。
大学卒業とともにそのコールセンターのアルバイトは辞めてしまいましたが、今思い出してもあの楽さであれだけの時給の仕事はなかなかないなと思います。
                                  (20代女性)

スポンサーリンク