インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

電話番の仕事が楽でした

私はある派遣会社から依頼された仕事で、とても楽な仕事をしたことがあります。その仕事とは、指定された時間までに派遣会社に行き、派遣登録した人たちかかってくる電話を受けるという内容でした。
電話番の仕事が楽でした
派遣会社に出社したら机に座り、時間になると、かかってきた電話をとり担当者にまわすわけです。その楽な仕事を3日間しました。
課せられた仕事は、基本的にはかかってくる電話を待つわけですが、電話がかからない時は、派遣登録をしている人に「仕事しませんか?」と電話もする作業もしました。
そのときはリストを渡されて、派遣登録者に順番に電話をかけるわけです。電話越しに仕事をしないか聞いてみてマッチングした人には、担当者にまわしたりチェックを入れたりしてました。ただ、中には一瞬勧誘まがいと早とちりしてキレる派遣登録者もいたり、番号通知をしないとかからない電話もあったりと、その点は少しだけ苦労しました。
午後は、次の業務連絡の電話を派遣登録者にしました。その時間は少々忙しくはなりましたが、基本的には、電話番だったので、座っての作業で楽でした。また、電話をするときのスタイルですが、担当者も含めかなり自由な雰囲気でびっくりしました。雑誌など読み放題だし飲物を飲みながら作業できるし・・。基本的に電話をきっちりやりさえすれば何をしていてもOKだったので、こんな楽な仕事もあるんだと思いました。
その派遣会社で1日目の仕事が終わって、派遣会社の担当者に「次の仕事ありますか?」と聞いたら、「じゃあ明日も電話番してくれる?」と言われました。「明日も楽に仕事ができてラッキー!」と思いました。
私がその派遣会社で電話番の仕事をしたのは、冬の寒い季節だったのすが、派遣会社の事務所はもちろん屋内なので暖かくて助かりました。また、雑誌など読んでいても怒られないしおしゃべりもできるし・・とかなり緩い雰囲気も気楽でした。
ただ、交通費規定が決まってたので、お給料の面では少し物足りなかったかなと思います。私は派遣会社に登録して働きながら学校にも通っていたのですが、1日目までの定期が切れない時は良かったですが、残りの2日は長期休みで定期が切れていたので交通費の自己負担分が大きく、さすがにまいりました。
その派遣会社ではたらいたのは、冬休みの短い期間でした。日払いの給料を指定された日に取りに行きました。今は、その派遣登録会社は、どうなってるかわかりませんが気楽に仕事をできた3日間でした。
                                  (30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク