韓国料理屋のホール業務バイトの体験談

今までやった仕事のなかで一番楽なアルバイトだと思ったのは、韓国料理店でのホール業務・調理補助のアルバイトです。
739fd1b07cd39e473bd3f903240c8ada_s.jpg
そのメインの仕事内容は、来店されたお客様のオーダーを聞いて、料理を冷めないうちに運ぶというものでした。あと、調理補助については、ディナーの仕込みや、簡単な卵やエビの殻向きなどをやっていました。
韓国料理全般を扱っているお店だったので、最初のうちはメニューを覚えるなど大変なこともありました。ただ、小さなお店ということもあって一度慣れればあとは単純作業の繰り返しでした。よく出るメニューも大体決まっているだけに、たくさんお客様がいらっしゃったときも特に焦ることもなくオーダーをおうかがいできるようになりました。
調理補助に関しては、お客様が少ない時間帯に時々やっていました。料理スタッフから指示されたことを淡々とやるのみですし、簡単な内容ばかりでしたので、料理ができなくても全く問題なくこなすことができました。
当時、私はランチ営業の時間帯に勤務していたこともあり、勤務時間内でのお客様の来店数には波がありました。忙しい時間帯は確かにありました。ただ、その1時間程度を乗り切ると、お客様の波は潮のごとく引いて暇な時間帯が到来していました。
私がアルバイトをしていたその韓国料理店は、韓流ブームに乗っかってオープンしたお店でした。常連客もいたのですが、韓流ブームの過熱感がおさまったことも相まって新規客は年々減少傾向でした。そんな社会状況の影響のためか、テーブルのセッティング後に暇になる機会も増えていきました。
はたらこねっと~日本最大級の派遣情報サイト~
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】
アルバイトスタッフ同士でまかないを食べながら世間話をしたり、店内にはテレビがあったのでオリンピックやドラマを観たりと…あと、たまに早上がりをしたり、休日が増えたり。途中からは、そんな暇な時間帯は仕事をしているというよりは、団欒のひとときを楽しみに来ているみたいな感覚になったほどです。そんなラクな職場環境でも働いた分は時給としてお給料が発生するので、今思えば、最高な環境のアルバイト先でしたね(笑)
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク