給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

食べて感想を書くだけ!試食モニターバイト

1f83d1dfed17e9472625d728d142f442_s.jpg
私は現在、某派遣会社に登録して日雇いの仕事を中心に仕事をしています。
工場、倉庫、物流センター、コールセンターほかいろいろな現場に足を運んできましたが、中でもとびきり楽だった現場があります。
それは試食モニターの現場です。

スポンサーリンク



試食モニターとは、食品会社が主催しているもので、新しく企画している商品の感想を消費者が回答するというモニターです。
そういった一般大衆の感想を集めることで、食品会社は新商品の改善を行ったり、発売する商品の選定をしたりするのです。
ある日の試食モニターはサンドイッチを試食してその感想を述べるというものでした。
そのサンドイッチには卵、トマト、ハム、レタスなどの具材がマスタードやマヨネーズなどのドレッシングとともにパンにサンドされていました。
それを食べてみてアンケート用紙に回答するという作業を行いました。
商品を食べた感想を述べるといえば、食や栄養に関する専門知識がなければできないというイメージを持ちがちです。
しかし、この試食モニターバイトに関しては全くそういったことはありませんでした。なぜなら、あくまでも一般消費者としての意見を集めているからです。
商品を食べてみて、思ったことを正直に回答すればいいだけの楽な仕事なのです。私はもともと食べるのが好きでしたからまさに一石二鳥でした。
スポンサーリンク



ちなみに質問項目は、例えば「卵の文章はどうだったか」「味の濃さはどうだったか」「レタスの食感はどうか」みたいな、誰でも簡単に回答できるような質問が中心です。
あとは、「この商品に名称をつけるとしたらどんな名前ですか?」みたいな少し頭をひねるものも一部ありました。
アンケートに回答する時間は40分間くらいだったと思います。はっきりいって楽しかったすね。
謝礼金(日給)については後日、派遣会社から振り込まれていました。
サンドイッチを味わいながら食べ、そしてその感想を書くだけ。食いしん坊で、いろいろ意見を述べるのが好きな私にとってこれほど楽しくてかつ楽な仕事はありませんでした。
試食モニターの仕事が毎回あればいいのですが、実際のことろ、そうそうありつけるものでもありません。
私は派遣会社を通して半年に1度くらい試食モニターの案件をやっていました。参加するたびに「参加して良かったなあ」と満足して現場を後にしていたことを思い出します。
それだけいろんな意味でおいしいアルバイトだったなと思います。
現在は正社員として働いているため、なかなか都合をつけられませんが、また時間が合うときがあれば、試食モニターの案件にはぜひ応募したいと思っています。
   (楽な仕事の体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク