関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

食べて感想を書く覆面調査バイト

a0002_011509.jpg
私は料理を食べて感想を誰かに話すのが好きで、覆面調査(ミステリーショッパー)のアルバイトを何度かやったことがあります。これがラクで楽しいアルバイトだと感じました。

スポンサーリンク



覆面調査(ミステリーショッパー)とは、飲食店などお店が改善点を知る目的で、リサーチ会社に依頼して行う調査のことです。
リサーチ会社は自社が登録している覆面調査員を調査対象となる飲食店に派遣します。
派遣された覆面調査員は一体どんなことをするのかというと、一般のお客のふりをして対象店に来店し、その料理を食べた感想などリサーチ会社に報告するということを行います。
そこでは同時に店員さんの応対や店内の観察もして、いろいろな視点から改善点を探すということを行うんですね。
ある日の調査は、とあるお酒が飲める食事処でした。
飲食店の調査は2人で行くことが多いです(友達や家族を誘って行きます)。それは2人で行くことにより、不自然さをなくすためです。
店には事前に電話で予約をとるのですが、その時点から調査は始まっているんです。電話をとった店員さんのしゃべり方が丁寧かどうかなんてこともチェックするのです。
そして、地図を見ながら、実際に指定されたお店に来店するわけですが、そこでもボーっとしているわけではありません。
店頭にゴミが落ちていないか、来店時に店員さんから挨拶があったかなどさりげなく観察しているわけです。そこあたりはマニュアルでポイントが決まっているのでそれに従って観察して覚えておけばいいので楽です。
そして、店内でいざ料理や飲み物を注文します。そこでも料理が出てくるまでの時間、料理が出て来たら料理の盛り付け、味、風味といったこともチェック。
同時に、店内の様子も観察したりします。例えば、店員さん同士が仕事と関係ないおしゃべりをしていないか、机や床など掃除が行き届いているかなど。
そんな感じで、普通にお客として飲食をして退店したら、観察したことをもとにレポートを仕上げてリサーチ会社に提出して調査は終了です。
スポンサーリンク



最初のうちは観察すべきポイントがたくさんあって大変かもしれませんが、一度慣れてしまうと流れは同じなので楽チンです。
私の場合、何度か回を重ねるうちに、自然と観察すべきことに目がいくようになります。はっきりといって覆面調査(ミステリーショッパー)の謝礼(給料)は大して高くはなくボランティアに近い面もあります。
ただ、料理を食べれますし自分が提出したレポートがもし店の改善につながるならば、それはとても遣り甲斐のある作業だなって思うわけです。
覆面調査(ミステリーショッパー)のバイトにありつくには、「ミステリーショッパー(覆面調査員)モニター募集中!」や「とくモニ!」ほか、リサーチ会社に登録したり、アルバイト求人誌で見つけるといった方法があります。
文章を書くのが好きな人、料理を食べて感想を言うのが好きな人、サービスのチェックが得意な人などはとても向いているアルバイトだと思います。
            (楽なバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク