インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

高級志向の喫茶店でのアルバイトはラク!

高級志向の喫茶店でのアルバイトはラク!
今まで経験したアルバイトのなかで一番楽なアルバイトだと思ったのは、個人が経営する高級志向の喫茶店での店員のアルバイトでした。

スポンサーリンク



飲食業の仕事は大変でハードだというイメージがあると思います。一般的には確かにそうだとは思います。
ただ、それはお店の志向によるのではないでしょうか。
確かにチェーン店のカフェでは料理や飲み物の単価が安いため、お客様の回転率が高く従業員たちも大変だと思います。
しかし、飲食店のなかでも、コーヒーなどの1杯当たりの単価が安くないお店の場合、忙しいことは非常にまれです
。なぜならお客様はドリンクの値段よりも空間でゆったり過ごすことを主眼に置いているため回転率が低いからです。
スポンサーリンク



私が働いていた某喫茶店ではコーヒー一杯600円と、近隣にあるマクドナルドがアイスコーヒーsサイズ100円に対してかなり高めの金額でした。
コーヒー豆は有機栽培の厳選された産地のものをブレンド。自家焙煎とこだわりがありました。器にも信楽焼を使うなど凝っていましたし、椅子やテーブルもアンティーク調ですべてオーダーメイドのものでした。
ですから、コーヒーや紅茶も本当においしくて香や風味など確かに違っていました。
値段も値段だけにお客様は中高年のお金持ちが多く、常連さんが多かったですね。
金曜の夜は窓外の景色が良いことから若いカップルのお客様がちらほら見られました。
昼から夕方にかけてはお客様の来店は非常に少なく、オーナーとおしゃべりをしたり、パソコンで喫茶店のブログを更新する程度でした。
それでいて時給はまずまず高かったのでお得感があるアルバイトでした。人間関係もよく、コーヒーなどの淹れ方も学ぶことができ、私にとっては最高の職場環境だったと思います。
結婚を機にその喫茶店でのアルバイトを辞めてしまいましたが子育てがひと段落したらまた再開したいなと思う今日この頃です。
楽なアルバイトをしたいと思われる方は、業種別に探すのも有効だと思いますが、実際にお店にお客として行ってみるのがベストだと思います。
仕事が楽なお店は従業員の様子を見て大体わかるからです。
   (楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク