インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

30代後半の私が考える「楽な仕事」

世間には色々な仕事がありますが、私は「楽な仕事」は確実に存在すると思います。一般的に仕事とは
大変で汗水垂らした対価としてお金を貰えるという認識があるかもしれません。しかし私の人生の中では同じ給料でも、過酷でキツイ仕事がある一方で、ボーっと暇つぶしをしえ過ごしてるだけでお金をもらえてしまうような仕事も存在していました。
30代後半の私が考える「楽な仕事」
もちろん、「楽な仕事か」という定義は人によって違うと思いますが、給料が同じであったとしてもその仕事の過酷さはまったく違ってくると思っています。ですから、そういったことをふまえてをアルバイト探しをしてみるのが良いのではないかという風に思うのです。
ちなみに私の場合、意外かもしれませんが、あまりに暇すぎる仕事というのは、楽な仕事であるとは考えていません。なぜなら、暇な時間が長すぎると時間が経つのが遅く感じるからです。「まだ○○時間もあるのか・・}とため息を何度もついていると、返って辛く感じてしまったことがありました。ですから、私の場合は、適度に仕事があって適当に暇があるような仕事を、「楽な仕事」だと考えています。
あと、仕事場での「人間関係」も重要です。仮に仕事内容が簡単で楽であったとしても、ややこしい上司や同僚たちがはびこる人間関係がややこしい職場ではストレスが溜まってしまうことでしょう。
ですから、良好な人間関係が築かれてる職場がそこでの仕事を「楽な仕事」にする最低条件ではないかと思います。欲を言うならば 仕事を通して誰かが喜んでくれたり感謝してくれたりするようなものは、疲れにくいので、楽な仕事になりやすいのではないかと思います。そのようなことを考えつつ 今日もアルバイト求人サイトアルバイト雑誌などで少しでも楽な仕事を探している今日この頃です
   (楽な仕事とは 30代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク