転職エージェント経由で、貿易関係の仕事に転職(30代男性)

私は現在30代男性です。半年間の転職活動を経て、貿易関係の仕事に転職先が決まりました。今では貿易関係の書類を作成したり顧客とメールでやりとりをしながら、仕事の楽しさを実感し始めています。前職よりも給料がアップした点でも、転職して良かったというふうに感じています。

スポンサーリンク


どうして半年も転職活動に時間を要したのかというと、就職活動と転職活動の違いをあまり理解していなかったからだと思います。

大学を卒業してからは新卒で教育関係の会社にて営業をしていたのですが、就職活動で苦労は全くありませんでした。

自分の性格の前向きさや大学時代に取り組んできた体育会系の部活のことを適当にしゃべるだけで採用になったからです。それだけに、転職活動もどうせすぐ転職先が決まるだろうと考えていました。

ところが、履歴書を送ってもなかなか通過することなく、面接にすら進むことができない状態がつづきました。

私の転職活動が軌道に乗ったのは、登録してからです。転職エージェントは求人情報サイトのようにいろいろな求人を掲載している組織であるわけですけれど、こちらに合う求人を向こうから提案してくれるという特徴があります。

私は転職エージェントの方に履歴書や職歴書を見てもらうこともしたのですが、そこではいろいろ足りない点がわかってきました。

スポンサーリンク


就職活動では、企業側は応募者の元気の良さややる気を重視しているわけですが、転職活動では、即戦力としてどれだけ使えるかという点を評価していることがわかってきたのです。

私はこれまで出してきた履歴書は、自分の性格の明るさや熱意くらいしか書いていませんでした。職歴書に至っては、何を書いていいか分からないのでほぼ白紙で郵送していました。

それではなかなか書類選考で通過するのは難しいみたいです。私は転職エージェントの方のアドバイスに沿って、教育関係の営業職で培った経験やスキルを、具体的にどのように応募先企業で生かせるのかを書くようにしました。また、面接ではそれらをふまえて話すようにしました。

すると、書類選考の通過率が上がり、ある貿易関係の会社で1次面接、2次面接と進み、採用通知をいただきました。転職エージェントに登録してから1か月半後くらいだったかと思います。

今になってみて転職活動を振り返ってみると、転職エージェントなど転職のエキスパートや転職経験者にいろいろ話を聞いてみることで、転職活動は進めやすくなるということです。

転職活動をしているなんて、あまり他人に言いたくないものですし私も最初は恥じて誰にも言っていませんでした。しかし、それではどんどん気持ちが落ち込んでいきますし、孤立化していくわけです。

もちろん自分でいろいろ調べて知識やノウハウを吸収していけるバイタリティのある人ならよいのですが、私のような甘ったれは他人からアドバイスをもらうのがベストでした。

また転職エージェントに登録するまでは、貿易関係の仕事について全く視野に入れていませんでした。どうして視野に入れたのかというと、担当者から「大学時代の留学体験は売りになりますよ。英語を使った仕事も考えてみてはどうですか?」とアドバイスいただいたのがきっかけでした、それで一気に視界が開けたように感じました。もしそのアドバイスがなければ私は現職にはいなかったと思います。

 (転職の体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク