三流大学卒で学習塾に転職した私が感じた転職エージェントを活用するメリット(40代女性)

転職活動といっても色々な転職のスタイルがあると思います。ちなみに私の場合転職エージェントを主に活用して転職を進めました。

スポンサーリンク



転職エージェントとは一体何なのかというと色々と転職に関するお世話してくれる企業です。登録者は無料登録しその後も転職に関する段取りを色々と無料でお世話してもらうことができます。一方で登録者が一定の期間、採用された企業で働くと転職エージェント側に企業から報酬が支払われる。そのようにお互いにメリットがある仕組みになっているのです。

転職エージェントに登録した後は転職相談に担当者が乗ってくれたり企業の求人を紹介してくれたり、後は面接のセッティング給料の交渉などまで行なってくれます。

本来求人探しから面接の段取りをつけるまで、転職をしたい人は自分一人でしなければいけないわけですけれどもそこあたりも転職エージェントが全てやってくれるのです。

また職歴書や履歴書の書き方が分からないですとか面接でどのように回答していいかわからないといったことがあっても、転職エージェントに登録しておけば色々とアドバイスをくれたりします。

また転職エージェントから紹介してもらえる求人の中には非公開求人もたくさんあります。それは、求人情報サイトや雑誌には掲載されていない求人です。

それは企業側がもともと欲しい人材像が決まっていて、転職エージェント側は登録者の人物像と照らしあわせて人選できることで信頼関係が結ばれていたりするのです。

そういった非公開求人の中には、なかなか募集をされていないようなレアな求人ですとか、非常に年収が高い求人あったりするので非常においしかったりします。

少々実力がなくても、転職エージェント側が登録者のことをプッシュしてくれることもあります。なかには、ありえないほどレベルの高い職場環境の転職が決まったというようなケースも耳にしたことがあります。

まさに転職エージェントは使い方によってはいたせりつくせりのメリットだらけのサービスだと言えると思います。

スポンサーリンク



私の場合少なくともそうでした。ただそれは人によりけりだと思います。ちなみに私の友人は転職エージェントに登録していたものの途中からは自分で求人を探していました。

その理由は担当者があまりレベルは高くなくて頼ることができなかったというのと、事前に聞いていた求人の情報と実際に面接に行ってきた仕事内容が違っていたりしたということがあったみたいです。

そういったことを考えると、転職エージェントに登録しさえすれば転職活動が有利に進むというわけではなく、優れた担当者に出会い、相性が合うということが必要条件なんだと思いました。

また、その人の性格にもよりけりだと思います。私の友人の場合すごくバイタリティのある子で、求人探しは自分で行うばかりかどのような企業なのか実際に社屋まで見学に行くくらいの積極性のある子でした。

ですからわざわざ転職エージェントが我が求人探しをしてくれなくても自分一人で行った方が効率が良いというような考えでした。

一方私の場合どちらかというとのんびりとしていて奥手な性格で、優柔不断な面が多分にありました。自分で物事を決めることができず、どのような仕事が自分に向いてるのかどうかはっきりとわからないでいました。

そんな私にとって転職エージェントの担当者は非常に力強い存在になってくれました。最初の面談では、まず私の前職である飲食業の仕事について色々詳しく聞いてくれました。

前職では私はホールスタッフとして色々なアルバイトのマネージメントをしたり、メニューを考えたりレジを打ったりといったことをしていました。

退職した理由はあまりにも仕事が忙しくて休みをろくに取れないということがありました。また前職で働いてきたことに特に誇りを持っていたわけでもなく自分では何のスキルも経験も磨いていないことを卑下しました。

ところが転職エージェントの担当者は色々な点を褒めてくれました。中でも色々なスタッフをまとめてきたマネジメント能力について高く評価してくれました。

そして私が次にやってみたい仕事であった「子供と携わる仕事」ということともつなげてくれて、「学習塾で色々なマネージメントをする事務系の仕事」を探してみてはどうかと提案してくれました。

元々私は三流の私立大学しか出ていないということもあって、子供と携わる仕事はしたいものの教育関係の仕事というのは半ば諦めていました。ところがその転職エージェントの担当者曰く、何か得意科目があればレベルの高い大学を出ていなくても講師をしている人もいるし、学習塾にも色々なスタイルがあるから大丈夫だということでプッシュしてくれました。

私はそんな話を聞いて、視界が開けたように感じました。学習塾には正社員として勤めている講師の人から大学生や大学院生のアルバイト講師まで色々な人が出入りしています。そこでは教室のセッティングから模擬試験の準備、父兄の連絡、電話応対、外部事業者の対応、教材作りなどなど色々な仕事があります。

私自身そのように色々な人をセッティングしながら、かつ子供たちの未来に繋がるような仕事をしてみたいと思っていただけに、「あ、このような仕事なら自分の適性を生かせるな」と感じました。

そうこうしているうちに転職エージェントの担当者は20社ほどもの学習塾関連の仕事を探してきてくれました。そのなかには、非公開求人もあり、自分の自宅から通いやすい大手学習塾もあり非常に魅力的な求人に映りました。

それから2週間後、私はある学習塾に面接に行きました。多少緊張はしていたのですけれども事前に転職エージェントの担当者から面接のアドバイスを受け模擬演習をしたので、特に舞い上がることはありませんでした。

練習してきたことをそのまま行っただけでスムーズに面接は終了。後日、転職エージェントを通して、採用との連絡がきました。

あれから約3年の歳月が流れます。私はそのとき採用された学習塾で正社員として勤務しています。主に事務関係の仕事をしていますけれども、2年目からは小学生中学生を相手にときどき授業も担当させてもらえるようになりました。授業では、もともと得意だった国語と英語を教えています。

転職エージェントに登録する前はまさか三流私立大学卒の私が生徒たちを前に教えるなんて夢にも思ってもいませんでした。授業準備など大変な面はありますが、今とても充実しています。

また、私がつとめる教室に所属している先生方も皆親切な人ばかりで、新人の私にも丁寧に指導してくれて色々なことをアドバイスしてくれました。

一年目は色々を覚えることがあって大変でしたけれども、生徒たちが志望校に合格したとお礼に来てくれた時は、自分のことのように本当に嬉しく思いました。

そのように子供達が学習塾を通して大きく成長し未来に羽ばたいていくという姿を見るのは非常にやりがいのある仕事だと思いました。

これからもよりスキルアップしてより学習塾に貢献し子供たちに良い影響を与えられる人材になっていきたいと思っています。

最後に、転職活動を通して思ったこととしては、 転職は、大きく進路を展開するチャンスだと思います。転職活動しているというと大抵の場合家族や親戚近所の人々たちからはあまり良い目では見られないと思います。

短期に転職先が決まればいいのですけれども、長期化していけば貯金も減っていくでしょうし、いつ転職が決まるんだ?と聞いてくる人も増えてくるからです。

私の場合、幸い転職活動は長引かずすんだわけですけれども、それでもこのまま仕事が決まらなかったらどうしよう?という不安もあり、あとは懐事情のこともプレッシャーを感じていました。

ただそういう追い詰められた環境であるからこそ、初めて自分が何をしていきたいのかということを考えることができた良い時間だったとも思います。

ですから転職先がなかなか決まらない人は、その状況に決して否定的な考えを持たず、人生の第二ステージを展開するための貴重な時間だと捉えるのがいいのではないでしょうか。

転職活動を終えるとその転職先で、多くの人は何年も勤めることになるわけですから、その勤務期間から比べると転職活動の時間というのは短いものです。焦らず妥協することなく自分の可能性を引き出せる転職先を皆さんにも見つけてほしいと思います。そして、もしなかなかできそうにないと思う方はぜひ転職エージェントの門をたたいて欲しいと思います。

(転職活動の体験談40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク