何から転職活動を進めていいかわからない人はとりあえず転職エージェントに登録してみては?(30代女性)

現在30代の女性です。大学を卒業してからは10年近く事務系の仕事をしていたのですが辞めてしまいました。転職活動では何をしていいかよくわからないこともあって、転職エージェントに登録しました。

スポンサーリンク


転職エージェントはいくつ登録しても構わないということで三つ登録しました。結果的に登録して良かったと思います。

転職エージェントは派遣会社と混同されることがありますけれども、ちょっと違っています。派遣会社は色々な仕事を委託していて登録している人を派遣する会社です。派遣会社は派遣先の企業から一定の割合のマージンをもらうことで成り立っています。

一方で転職エージェントの場合、正社員として求人募集している企業を色々紹介しえくれます。一定の期間、登録者がその企業に勤めた場合お金が 求人元から転職エージェントがに支払われるというシステムになっています。

つまり転職エージェントの場合、正社員になることが前提ということなのです。一定の期間つとめるということには、それなりにマッチング率が高くなければなりませんから、転職エージェントがもかけ離れた求人を紹介してきません。

私の場合前職が事務系の仕事だったということもあって、 まずこうことになったのは事務系の仕事でした。転職活動では自分のやりたいこと以前に、どんなスキルを持っているのかどんな経験を積んできたのかということが問われます。年齢が重ねているわけですから即戦力として使える人材が最も重宝されるのです。

そういった点が新卒時の就職活動とはちょっと違うかもしれません。

転職エージェントに登録するときにまず担当者と面談がありました。面談では履歴書職歴書を基にどんな仕事行ってきたのかそしてどんな仕事をやってみたいのかを聞かれました。

担当の方はそのヒアリングを元に求人を探してきてくれてその中で関心がある求人情報があれば応募するという流れになっています。

転職エージェントが持つ求人情報は非公開求人と言って一般的に求人情報サイト求人雑誌では出てこないような求人が多いと言われています。

それは先行する側として初めのうちからマッチング率の高い求人に絞り込んでおきたいと言う求人元の狙いがあるみたいです。特に人気の企業の場合、求人情報サイトなどに情報を出すととてつもなくたくさんの応募者が集まります。

そうなると採用する側は、採用試験を何度も行わなければならず大変だということです。それならば最初から求める人材像を定年して転職エージェントに任せるというのが効率が良い採用スタイルだということなのです。

登録者はそう言った二乗はあまり考えなくていいかと思いますけれども、いずれにしても登録すること自体しない理由はないと思います。なんせ登録無料で以降も使用料なども全くかからないからです。それなのに自分に合う仕事の求人情報を先方で探してきてくれて、面接のコツですとが履歴書の書き方などいろいろ親身にアドバイスもしてくれる。非常にありがたい存在だと私は感じました 。

スポンサーリンク


転職エージェントに登録してから一か月ほどが立った時、ある製造メーカーの事務系の仕事に強い関心を持ち方をすることにしました。応募する時点で担当の方はどのような会社なのかについて色々教えてくれ、私はそれを基に面接受け答えすることを事前に考えました。

前職で培ったソフトを扱う技術、 PowerPoint Word Excel など技術面について主に話し、後は前職を辞めた理由をサラリと流しやる気を示すような回答を面接では準備しました。

転職エージェントの担当者からのアドバイスも非常に効果的だったと思います。その企業に無事私は採用となり現在もその企業に勤めています。前職よりも給料もアップしました市土日も完全に休みということでプライベートも充実していると感じています。

今になって考えてみるとやはり転職エージェントに登録して良かったと思っています。もちろん人によってどういったスタイルで転職活動を進めるかは違っていて正解はないと思います。

私の場合、あまり自分で求人情報を探すことが得意ではなかったのと転職活動について最初はあまり情報が把握できていませんでした。そんな人にとって転職エージェントは1から手取り足取り教えてくれるのに非常にありがたい存在だったと思います。また持っている資格レストが持ち合わせているスキルを活かしてどのような仕事をできる可能性があるかということもアドバイスしてくれたので新しい自分の発見にも繋がったと思います。

 (転職活動の体験談30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク