インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

面接対策ほか充実!転職エージェントでは最大手のリクルートエージェントがおすすめ(30代男性)

面接対策ほか充実!転職エージェントでは最大手のリクルートエージェントがおすすめ(30代男性)
転職活動に転職エージェントを活用されている方も少なくないと思います。私は数社の転職エージェントに登録していましたが、そのなかでおススメなのはリクルートエージェントです。

リクルートエージェントといえば、転職エージェントのなかで日本最大手の存在です。

スポンサーリンク



それだけに、紹介してもらえる仕事の幅も広く量も圧倒的に多いです。専門分野ではもっと特化した転職エージェントもあるでしょうが、求人の質や量など加味した総合力では、NO1だと思います。求人量としては私の場合、最初の面談のときにいきなり20数件の求人を紹介してもらえて驚きました。

リクルートエージェントは最大手ということもあって、転職に関するデータベースやノウハウが充実しているというのも魅力的でした。面接の練習でもいろいろお世話になりました。またいただいた過去の面接質問例の資料も非常に参考になりました。

面接といえば、私の場合、製造メーカー志望だったので、そのときは製造業で人事をしていたこともあるスタッフも紹介してもらうことができました。業界の内部事情や仕事のやりがい、注意点なども聞けて、本当に参考になりました。

ただ転職仲間によると、担当者のレベルに差があって当たり外れがあるということ。なかにはメール返信がなかなかなかったり、希望する条件とずれている求人を探してきたりする担当者もいるとのこと。ただ私の場合、幸い担当者に恵まれました。熱心な方で、親身に相談に乗ってくれました。

色々な意味で、リクルートエージェントはサポート体制がしっかりしていると感じました。登録している者としてはすべてお任せでOKという感じでした。

スポンサーリンク



ちなみに私はリクルートエージェントを通して紹介してもらった求人情報を通して転職先(大手製造メーカー)が決まりました。前職(飲食店)と比べて年収もアップし、雇用条件も上がったので転職は成功したと感じています。

そんなとき感じたのはリクルートエージェントは各企業とのパイプが太いこと。そういった意味でも有利に働いたのかなと思いました。例えば私は募集条件の年齢の範囲でなかったのですが、担当の方が交渉してくれて応募できることなりました。そういった交渉は個人レベルでは門前払いになってしまうことでしょう。やはり企業との間で信頼関係が既に築かれているんだなと思いました。

  (転職エージェントについて 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク