インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

ミドル世代を中心に「給料の不満」が転職理由の上位(30代男性)

ミドル世代を中心に「給料の不満」が転職理由の上位(30代男性)

転職雑誌を読んでいると「転職の理由」として常に上位に挙がってくる項目に「給料の不満」というものがあります。

とりわけ30~40代あたりのミドル世代と呼ばれる層はその要素に非常に敏感なのだそうです。

私は現在30代後半(アラフォー)の男性ですが、最近その通りだなと実感しています。

スポンサーリンク


専門学校を卒業して20代前半の若いときは、仕事はやりがいさえあればいいと思っていました。

現に私は20代の頃には世間の平均よりかなり安い安月給で働いていました。

人間関係も悪くありませんでしたし仕事内容にも不満はありませんでした。

ですからこのままこの会社で骨をうずめるのかなと思っていました。

しかし30代になって結婚をしてからは、仕事に対する考え方が大きく変わっていきました。

住宅のローン、子供の教育費など独身時代に比べて掛かるお金が大幅に増えたことが最大の要因です。

いつしか仕事のやりがいなど二の次になっていることに気が付きました。少々自分に合わない仕事であってもきつい目にあっても、それより高い給料を望んでいる自分がいました

それは「家族を養うため」という独身時代にはなかった働く理由が確立されたからにほかありません。あとは年をとったことによって、何か大きいことをしたいといった夢がなくなってしまったことも原因かもしれません。

あと、月給が安ければいろいろめんどくさくなるとう事情も原因です。

毎月のやりくりをして月収があまりないと、夫婦けんかの原因になるんですよ。まあこれは家庭にもよるでしょうが・・

私の場合、そういったことから私は30代半ばに転職エージェントを活用して転職をしました。理由は「給料に不満を感じたから」です。

転職エージェントの方のお世話のおかげもあって、幸い転職に成功し、今は前職よりも高い会社で働いています。

それにしても20代から30代になるにつれて仕事に対する価値観が大きく変わったのは自分自身でも意外なことでした。

これから40代、50代・・と年齢を重ねるにつれて体力も弱っていくわけですし価値観も変わってくるのかもしれません。

自分なりに年齢に応じた働き方をしていければいいのかなと最近考えていたりします。

 (30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク