インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

多忙なIT企業から暇なビル管理会社へ転職して思ったこと(40代男性)

多忙なIT企業から暇なビル管理会社へ転職して思ったこと(40代男性)
以前はIT企業に5年ほど勤めていました。主にシステム開発を担当。

しかし辞めました。辞めた理由は、長時間労働がきつくなったからです。

会社に泊まり込んで働いていたことも、休日を返上して働いていたこともざらにありました。

最初はプログラムが好きでIT企業に入社したのですが、もはや体力的にも精神的にも限界に。

他に代わる人材がいないということでなかなか辞めさせてくれませんでしたが、健康を理由に5か月後に何とか辞めることができました。

それからはハローワークで転職活動をしました。前職のこともあって給料が少々安くても楽にできる仕事を探しました。

その結果、ビル管理の仕事に採用されました。ビル内を巡回してメーターをチェックしたりモニターを監視したりする仕事です。

スポンサーリンク


仕事は一式覚えてしまえば特に難しいことはありませんでした。ルーチンワークとなった今は暇すぎて同僚としゃべったりテレビを観たりしていることが多いです。

仕事にやりがいがあるかといわれると即答できません・・。

この仕事を始めて2年目ですが、正直なところ、転職を考えています。暇な仕事を続けていたら、やりがいのある忙しい仕事をしたいなと思いはじめたのです。

前職のIT企業にいたときは、まったりできる暇な仕事に転職出来たら幸せだろうなあとあれだけ思っていたのに・・

適度に忙しく適度に暇のある仕事がベストということなのかもしれませんね。

   (40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク