トラック助手をする派遣の仕事は超ラクでオトク!(フリーター30代男性)


私は現在30代のフリーターです 派遣会社に登録して短期バイトを中心にやって生活をしています。

私が登録している派遣会社は1日のみあるいは短期の案件を主に扱っている派遣会社です。フリーター、学生、主婦、主夫、定年退職者と幅広い人が登録しています

スポンサーリンク



仕事を受けるまでの流れとしては、ネット上のやり取りが中心です。

派遣会社からメールでいろんな仕事案件が送られてきて、やりたい仕事があればエントリー。採用枠が空いていたら派遣会社から詳細メールが送られてくるという流れでした。

あるいは急ぎの案件の場合、派遣会社から直接電話がかかってくることもあります。

なかには割が合わないキツイと感じる仕事もありますが、とびきり楽な仕事もあります。

特に楽な仕事だなと思ったものとしては、例えばトラック助手が挙げられます。

トラック助手は、荷物を積んだ大型トラックの助手席に座って手伝いをするのです。

最初この仕事を引き受けたときは、派遣会社から電話がかかってきて渋々引き受けました。

予定していた人員が家庭の事情で急遽来れなくなって、何とか行ってくれないか?と頼まれたのです。

とはいえ、そのときはトラック助手と聞いて、嫌な予感しかしていませんでした。重たい荷物をドライバーと一緒に運ぶ重労働だと思っていたのです。

ドライバーの指示に従ってくれればいいとのこと。お金が欲しい時期でしたし、渋々引き受けました。

朝、決められた地点で待っていると大型トラックが停まりました。ドライバーにあいさつをして乗り込みお仕事スタート。

トラックはルートを廻って荷物を降ろしていくわけです。そして最初の倉庫に着いたとき、ドライバーが私に指示を出しました

「じゃあ、荷物運んでくるから君はここで待ってて」

荷物を運ぶのはドライバーだけの仕事だったのです!

スポンサーリンク



ではトラック助手のアルバイトは何をしているのかというと、ドライバーが荷物を運んでいる間、トラックに乗っているだけ(笑)

ドライバーがトラックから離れているときに、何かないかをただ見張っているというだけの簡単なお仕事だったのです。

最初はたまたまかなと思いましたが、次に停まった物流センターでも同じような感じで私はただトラックの中で留守番をしているだけということで済みました

物流センターや倉庫など決められたルート数か所を廻って、予定していた時間より2時間くらい早く解散。

それでも予定されていた日給分の金額をしっかりもらえたのでおいしかったですね。

トラック助手のアルバイトは頻繁に募集していないレアな案件ですが、その楽な仕事ぶりから所属している派遣会社では人気の案件とわかりました。

ドライバーがどんな人なのかによっても違ってくるかもしれませんが、仕事内容自体は超簡単で楽ちんだと思いました。

 (楽な派遣の仕事体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク