ルート営業の仕事は気楽にできる楽な仕事でした(正社員 40代男性)

私は何度か転職をしてきました。大体は上司との人間関係や自分自身に我慢が足りなくて退職をしてきました。

そんな私が一番楽な仕事だと思い長続きした仕事は、ルート営業の仕事(正社員)です。

スポンサーリンク



一般的に営業職は多大なノルマを課せられる大変な仕事だというイメージを持たれがちです。

確かに新規開拓をしていくようないわゆる一般営業職は、いろんなノルマが課せられる大変な仕事だと思います。

しかし、私がやっていたルート営業の仕事は本当に楽でした。はっきり言ってドライブを楽しんでいるようなものだったといっても過言ではありません

私は食品メーカーのルート営業を行っていたのですが、既に関係性がつくられている企業を社用車で廻るのがその仕事内容でした。

決められた企業に決められた時間に訪問をするだけ。

一般営業職の人々のように「新規開拓〇〇件の契約をとれ!」みたいに言われる場面もなく、決められたことをきっちりとこなしていけばいいという仕事でした。

そこではノルマがないというのが何よりラクでしたね。何度か巡回していると担当者は皆顔見知りになるわけですから、人に会う緊張感というのもほとんどなかったです(中にはややこしい顧客も一部はいましたが・・笑)。

スポンサーリンク



仕事内容としては、現時点で購入いただいている商品に対して不備はないかなどヒアリングをして、新商品のPRをしたり提案をしたりするという感じでした。

最低限のビジネスマナーですとか、自社製品を一通り知っているなど求められることはありますが、巧みな話術などは必要ありませんでした。

どちらかというと、ルート営業は、話し上手になることよりも聞き上手になることが求められえる仕事といえるかもしれません。

といっても、難しいことではなく、よほど先方を怒らせたとかない限り、顧客との関係性は維持していけるわけです。

最低限のことを堅実にこなしていれば全く問題ない楽な仕事といえるのではないでしょうか。

あと、気楽に過ごせる自由時間が多い。これが私がルート営業の仕事を楽な仕事だと感じた最大の理由です。

私は社用車で企業を廻っていたのですが、決められた時間に顧客に訪問しさえすればあとはどのように時間を過ごそうが自由でした。

ですから、行きつけの喫茶店で時間をつぶしたり車でのんびりスマホでゲームをしていたりと好き勝手していましたね。

新人のときは先輩がついてきていましたが、研修が終わってからは基本的に1人で行動していました。勤務時間の多くを誰にも監視されないというのは本当に気楽でいいものですよ。

ちなみに私がそのルート営業の仕事を辞めた理由は、他にやりたい仕事が見つかったからです。今はそのやりたかった仕事(IT企業)に従事しているのですが、楽に稼げるという観点からすると、ルート営業の仕事に軍配が上がりますね

今から思えばあの当時はのんびり仕事をできていて平和だったなあと思います。

 (楽な仕事の体験談 正社員40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク