インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私が感じた転職エージェントの特徴(DODA,ビズリーチ、リクナビネクスト)(40代男性)

私が感じた転職エージェントの特徴(DODA,ビズリーチ、リクナビネクスト)(40代男性)

転職活動をする際に転職エージェントを活用しようとされている方もおられるのではないでしょうか?

転職エージェントとは簡単にいうと、希望する給料や職種などを登録しておけば、条件に合った求人情報を紹介してくれる転職支援企業のことです。面接の段取りを組んだり企業との交渉をしてくれたり、ときには面接の練習や履歴書の添削なども行ってくれる存在です。

スポンサーリンク


私は前職(製薬会社MR)から現職(医薬品メーカー総合職)に転職するまでに転職活動期間が長かっただけにいくつかの転職エージェントに登録していました。そこで感じたことはそれぞれ強みが違っていて特徴も異なっています。私の知る範囲(見聞も含めて)簡単に記載してみたいと思います。

DODA・・テレビCMなどでお馴染みの転職エージェント。4万件を超える求人案件をから検索することができることのほか、仕事満足度が高い求人を知ることができるのも便利。分からないことがあればDODAのサイトのチャット機能で質問することができるので素早いイメージがありました。担当者もそれぞれの分野に強みがあってよく研究しているなと感じました。

ビズリーチ・・こちらもテレビCMを打つなどしてどんどん知名度が上がっている転職エージェントです。年収が高いエグゼクティブ向けの人材紹介に強みがあるので、職歴に自信がある人はぜひ登録してみてはと思います。私の場合も製薬会社MRということでその経験を存分に転職活動に生かす方法をいろいろアドバイスいただけました。

スポンサーリンク


リクナビNEXT・・就職活動で大学生たちのほとんどが活用しているリクナビの転職版。日本最大の転職エージェントといわれていて、とにかく掲載求人数が多いです。残業が少ない企業や年間休日120日以上の求人といった具合に、細かい条件で求人を絞り込むことができます。どんな仕事に転職したいのかはっきりしたビジョンがまだ描けていない人はリクナビNEXTは窓口が広くてかなり安心できると思います。

転職エージェントもいろいろなところがありますが、やはり求人数が多くて定評のある大手がおすすめです。とはいえ転職エージェントは自分にあったところを探すのがコツ。担当者によって力量に差があるので、その点も妥協なくいろいろ要望を出していくことで転職は成功しやすくなると思います。

 (転職活動の体験談 40代男性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク