大手企業での一般事務の仕事はのんびりまったりした楽な仕事でした(30代女性 正社員)


私は某大手企業で一般事務の仕事をしていました。今から考えてみると、とても楽な仕事とだったと感じています、

スポンサーリンク



8時間勤務ではありましたが、実働時間はおそらく2時間くらいだったのではないでしょうか。

朝礼の後は入金の確認、請求書の発行など少々忙しく作業をします。それが終われば、たまにかかってくる顧客からの電話に対応しつつ、来たメールに返信をしがり、書類作成をしたりします。少々バタバタ動くのは朝11時くらいまでだったと思います。あとはコーヒーを飲みつつ、のんびりまったり時間を過ごしていました。

午後となるとほぼ暇な時間でしたね。(仕事をしているふりをして?)ネットサーフィンをしたり、雑誌を読んでいたりしたものです。

一般事務の仕事はオフィッス内はエアコンが効いていますし、椅子に座っての仕事。

給料面は技術職や営業職と比べると安いですが、その楽な仕事内容からすると非常にお得感がある仕事でした。

スポンサーリンク



ただ、入社試験はそれなりに倍率が高かったです。この楽な仕事内容を皆知ってのことか、一般事務職の仕事をしたい人が多いのです。

一般事務の仕事に採用されるためには、高度な知識は必要ありませんが、ワード、エクセル、パワーポイントといったパソコンのソフトを使いこなせることは最低限必要だと思います。

あとは、コミュニケーション力、マナーや愛想のよさなども採否を分ける要素だと思います。一般事務の仕事には来訪者の受付や電話応対をする場面もあるからです。

以上のように一般事務の仕事は、実働時間が短い、のんびりできる楽な仕事です。やってみたい人はパソコン技術ほか磨きつつぜひトライしてみてください

(楽な仕事の体験談 30代女性 正社員)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク