インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

女性の転職。ベストのタイミングは結婚前か結婚後か(30代女性)

女性の転職。ベストのタイミングは結婚前か結婚後か(30代女性)
結婚を機に会社を辞めてしまう女性は少なくないと思います。

ただ、結婚・出産をして専業主婦をつづける人もいる一方で、再び働きたいと考えて転職活動をする女性もいらっしゃるのではないでしょうか。私もそうでした。

スポンサーリンク



しかし、なかなか正社員としては採用されませんでした。半年近い転職活動の末、正社員は諦め、派遣社員として働くという道に入りました。

派遣社員としての職場も悪くないのですが、結婚後の転職でこれほど苦い思いをするとは考えてもいませんでした。

それは私の能力不足というのもあるのかもしれませんが、結婚した女性に対する企業側の、冷たい風を実感しました。

既婚女性はなかなか高く評価されない。そんな空気感を感じたのです。面接で必ず聞かれることに「家庭との両立は大丈夫ですか?」がありました。

個人的には仕事も家庭もがんばるというスタンスでそれを一生懸命伝えるわけですが、採用担当者には伝わっていないように感じました。

うまく表現できませんが、新卒の時の就職活動と結婚後の転職活動では大きく関心のもたれ具合の時点で違っていると感じたことです。

スポンサーリンク



採用担当者からすると「二兎追うもの一兎も得ずじゃないかね・・」というのが本音ではないでしょうか。

というのは、既婚女性は責任を全うしてくれないかもというイメージを持たれがちなのです。

人によるでしょうが、結婚後、女性は家庭のことが第一に頭にあるわけです。

仮に旦那が転勤したらそれについていくかもしれないし、子供の行事参加のために残業もしてくれないのではないか?といった懸念が採用担当者には湧いてくるわけです

そうなると、わざわざ既婚女性を採用するようするよりも、残業も文句を言わない未婚の女性を採ろうかという風に傾いてしまうのです。

そんな事情が既婚女性は転職活動をしても、正社員のにはなかなか採用されないことの背景にあるのだと思います。

そういったことを考えたとき、採用に関しては、女性が転職活動をするベストのタイミングは結婚前がいいと私は思います。

育児との両立について聞かれることもないでしょうし。

また、実際に転職活動をするにしてもフットワークが軽くなるとも思います。

  (結婚と転職 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク