私が感じた、転職エージェントを活用した転職活動における注意点(40代男性 正社員)


私は転職エージェントを活用して某大手金融機関への転職に成功しました。転職エージェントを活用してみてメリットとデメリットがあると感じました。まずはメリットから。

スポンサーリンク



会社勤めをしていると、給料面、福利厚生面、やりがいの面、人間関係ほか、いろいろな理由で転職を考える場面があるかもしれません。

転職について色々迷ったら、転職エージェントに登録することは大きな流れになっています。転職に精通したキャリアアドバイザーが直接相談に乗ってくれますしマッチング率の高い求人情報を随時提供してくれるからです。

また、面接の練習や履歴書・職歴書の書き方のアドバイス、面接日時の設定、報酬の交渉まで手取り足取りやってくれる。転職エージェントは転職希望者にとってそんなありがたい存在なのです。

一方、デメリットとしては、面接を急かされるケースがあること。それは、転職エージェントは登録者の転職サポートをする代わりに、採用された企業から報酬をもらうことで利益を得ている企業だからです。

紹介した求人に登録者が応募し、無事に登録者が望んだ転職先が決まれば三方良しです。しかし、時間をかけて転職相談に乗ったとしても、登録者が違う媒体を活用して転職先が決まった場合、転職エージェント側には報酬は一切入りません。転職エージェントはボランティアとして転職者のサポートをしているわけではなく、営利企業でありますからそれでは商売が成り立たないわけです。

そういった側面から、転職エージェントのスタッフのなかには、面接を急いで設定しようという人もいるのが現状です。もちろん企業に応募するか否かは登録者の判断にゆだねられているわけです。少しでも気が進まなければNOと言えばいいのです。しかし普段から無料で転職サポートを受けている以上、キャリアアドバイザーに対して情が生まれるものですから、どうしても言うがままに流されてしまいやすいのです。

それが良い方向に働けばいいのですが、問題は必ずしもそうではないということ。その点、担当のキャリアアドバイザーがどれだけ力量があるかにゆだねられる面が強いということです。

転職業界に精通したキャリアアドバイザーに当たった場合、ベストマッチの求人を紹介してくれる可能性が高くなります。しかし、あまり経験のない人が担当者にあたってしまった場合、適性があまり合わない求人を紹介され、面接を急かされてしまうというケースに陥ることもあります。

私の場合、担当のキャリアアドバイザーが熱心勝つ優秀な人でした。結果的に、企業の将来性や社風なども加味し、私が持っている資格やスキルが生かせる企業を抽出してくれたと感じています。年収も上がり、福利厚生面や職場環境なども前職よりアップし、満足しています。

しかし、もしキャリアアドバイザーが優秀な人でなかったならば・・「こんなはずじゃなかった・・」と今頃転職を後悔していたかもしれません。

転職アドバイザーに優秀な人が担当するかどうかは運次第です。ひとついえることは、転職エージェントに登録したらあとはお任せという状態にしないことです。

アドバイスを受けても決して受け身になるのではなく、転職エージェントをうまく活用して能動的に転職活動を進めるのが良いと私は感じました。

もし担当者が実力不足だと感じたら、他に替えてもらうこともできますし、転職エージェントに複数登録しておくというのも手だと思います。

ちなみに私は複数の転職エージェントに登録していました。転職エージェントによって、強みのある分野も違えば方針も違っています。最終的にはJACリクルートメントから紹介された企業に無事採用されて転職活動を終えました。JACリクルートメントは、超大手というわけではないのですが、金融機関や外資系企業など、グローバルに展開している企業への転職に業界トップクラスの実績があります。

語学がある程度できて、かつ前職でキャリアを積んできてキャリアップをはかりたい人にとってはかなり有効にはたらく転職エージェントだと思います。例えば、外資系企業に特化した面接の練習をしてくれるなど、他社ではなかなかないことだと思います。逆に未経験可の求人を主に探している人や国内市場に限定した会社を探している人にとっては、紹介される求人の絶対数が少なくなり、あまり旨味がないかもしれませんが・・。

自分に合った転職エージェントを見つける。それも転職エージェントを活用した転職活動において非常に重要なことだと思います。

 (転職エージェントについて 40代男性 正社員)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク