給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

夏休みに参加した花火大会会場での短期バイト(大学生 20代女性)


私は現在大学4年の女性です。昨年の夏休み、花火大会会場での短期バイトをしたことがあります。とてもオトク感があり、参加して良かったと感じたアルバイトです。

スポンサーリンク



参加のきっかけは、大学の同級生から一緒にバイトに参加しない?と誘われたこと。友達はアルバイト求人サイトを見て、その花火大会の短期バイトを知ったのだそうです。

花火大会といえばたくさんの人たちが集まる大イベント。それだけに大変過酷なアルバイトっではないか?と不安に思いつつも友達と参加することにしました。

特に研修などなく、花火大会当日に、会場の一角で集合となりました。バイトに参加しているのは大学生くらいの若い人が多くて女性も結構参加していました。

バイトリーダーの指示のもと、有料観覧会場の準備を始めます。観覧者が座る椅子を並べていく作業から。とにかく数が多かったのですが、運ぶのは折りたたみ椅子ですから女性でも楽でした。あとは喫煙スペースに灰皿を設置したり、のぼりを設置するといった作業も数人がかりで行いました。

夕方になると、有料観覧会場には人々がぞろぞろ集まってきます。アルバイトたちは、それぞれ所定の地点に配置され、お客様をご案内する作業を行いました。

案内といっても簡単なもので「前から詰めてお座りください」などと椅子が順番に埋まっていくように案内する。あとは、お手洗いの場所や打ち上げ時間など聞かれたら回答するといったくらいです。

有料観覧席に申し込まれているお客様は、毎年のように花火を観に来られている方が多いようです。そんなことからも、皆さん、いろいろ知っておられて私たちアルバイトが出る幕はあまりないという感じでした。

スポンサーリンク



そして花火が打ち上がり始めました。とても美しくて迫力満点の花火。会場では歓声が起き感動しました。

花火が打ち上がっている時間もお手洗いの場所など聞かれることがあり、ご案内する作業を行いました。

フィナーレの花火が上がり、大会が終了したら、椅子を片付け、ごみ拾いをして終了です。それなりに疲れはしましたが、心地よい気持ちになったアルバイトでした。

今年の夏は、就職活動の兼ね合いもあり参加しませんでしたが、昨年の夏休みに、この花火大会のアルバイトに参加して本当に良かったと思います。関東なら隅田川花火、明治神宮花火、関西なら、みなと神戸花火、なにわ淀川花火、びわ湖大花火みたいな大きな花火大会なら短期バイトを募集しているようですよ

花火大会の裏側を知ることができ良い社会勉強になりましたし有料観覧会場で大迫力の花火を観ることができましたから。それでアルバイト料までもらえるなんて、本当にお得なアルバイトだと感じました。
  
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性 大学生)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク