インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

病院からまちの調剤薬局に転職(薬剤師の転職活動体験談 30代女性)

病院からまちの調剤薬局に転職(薬剤師の転職活動体験談 30代女性)
私は現在、まちの調剤薬局に勤めています・

スポンサーリンク



大学の薬学部を卒業して薬剤師の資格を取得。新卒で病院に就職しました。覚えることもたくさんあり大変忙しい仕事でした。そんな忙しさにも加わり、あってか陰湿ないじめをする女性の先輩がいて人間関係に疲れてしまいました。

一般企業のように部署を異動という解決策もないので、転職を決意しました。

転職活動では「薬キャリ」という転職エージェントに登録していました。「薬キャリ」は薬剤師の転職における大手転職エージェントで、ソニーグループが分社してできた薬剤師転職支援サイト。

スポンサーリンク



薬剤師に特化した求人を紹介してくれたほか、面接対策や交渉もしていただきました。

約1か月後、私はまちのドラッグストアに転職が決まりました。

調剤が主な仕事内容ですが、棚卸をしたり、接客をしたりする機会も多いです。それなりに忙しい仕事ですがお客様と接する楽しい仕事です。転職をして良かったと感じています。

 (薬剤師の転職活動体験談 30代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク