私が正社員でなく派遣薬剤師としての道を選んだ理由(薬剤師の転職体験談 30代女性)


私は20代の頃は製薬会社で正社員として勤務していました。それなりに良い職場で給料も高かったのですが、残業が多くて21時くらいまで勤務していたということも結構ありましたね。結婚を機に退職しました。出産して子育てがひと段落してからは、また働きたいと思うようになりました。薬剤師の資格をせっかくなら生かしたいと思ったのです。

スポンサーリンク



最初は正社員の仕事を探そうとも考えたのですが、いろいろ考えた末に、派遣会社に登録。派遣薬剤師として病院と提携している調剤薬局で働くことになりました。

なぜ私が正社員の仕事に転職しなかったのかというと、家事との両立を重視したからです。

現在の仕事場は、勤務時間は朝9時から昼15時まで。平日のみの勤務で土日祝日ほか休み。残業も基本的にありません。仕事帰りにスーパーで買い物をして自宅で夕食をつくるというのが日課になっています。

仕事は正社員時代よりも若干忙しくなりました。また、製薬会社時代からブランクがあり、最初は手順を覚えることにも時間が割かれました。ただ幸い同僚の人々がやさしい方ばかりで、心地よく仕事に溶け込んでいくことができました。

スポンサーリンク



調剤をまず把握して、簡単な処方を行い、投薬へと幅を広げていって新天地での仕事に少しづつ慣れていきました。

住宅ローンのことなどもあり、給料面を気にしていたのですが、派遣薬剤師の時給も2000円を超えています。仕事はいろいろ大変なこともありますが全体として派遣薬剤師としての転職に満足しているというのが現状です。

(薬剤師の転職体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク