インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

私が正社員でなく派遣薬剤師としての道を選んだ理由(薬剤師の転職体験談 30代女性)

私が正社員でなく派遣薬剤師としての道を選んだ理由(薬剤師の転職体験談 30代女性)
私は20代の頃は製薬会社で正社員として勤務していました。それなりに良い職場で給料も高かったのですが、残業が多くて21時くらいまで勤務していたということも結構ありましたね。結婚を機に退職しました。出産して子育てがひと段落してからは、また働きたいと思うようになりました。薬剤師の資格をせっかくなら生かしたいと思ったのです。

スポンサーリンク



最初は正社員の仕事を探そうとも考えたのですが、いろいろ考えた末に、派遣会社に登録。派遣薬剤師として病院と提携している調剤薬局で働くことになりました。

なぜ私が正社員の仕事に転職しなかったのかというと、家事との両立を重視したからです。

現在の仕事場は、勤務時間は朝9時から昼15時まで。平日のみの勤務で土日祝日ほか休み。残業も基本的にありません。仕事帰りにスーパーで買い物をして自宅で夕食をつくるというのが日課になっています。

仕事は正社員時代よりも若干忙しくなりました。また、製薬会社時代からブランクがあり、最初は手順を覚えることにも時間が割かれました。ただ幸い同僚の人々がやさしい方ばかりで、心地よく仕事に溶け込んでいくことができました。

スポンサーリンク



調剤をまず把握して、簡単な処方を行い、投薬へと幅を広げていって新天地での仕事に少しづつ慣れていきました。

住宅ローンのことなどもあり、給料面を気にしていたのですが、派遣薬剤師の時給も2000円を超えています。仕事はいろいろ大変なこともありますが全体として派遣薬剤師としての転職に満足しているというのが現状です。

(薬剤師の転職体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク