インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

私が製薬会社MR職から地元の調剤薬局に転職した理由(薬剤師の転職 40代女性)

私が製薬会社MR職から地元の調剤薬局に転職した理由(薬剤師の転職 40代女性)

私は某国立大学の薬学部を卒業後、製薬会社のMRとして製薬会社に就職しました。MRは製薬会社における医薬情報担当者ということで、自社の薬を医師や薬剤師に情報提供営業を行います。

スポンサーリンク



やりがいはそれなりにあったのですが、専門性を追求するというよりは、MR職は人脈作りが仕事という側面が大きかったです。いかに相手をヨイショできるかが問われる仕事でした。

会社に帰ると毎日のように売上ノルマを上司から言われ、厳しくプレッシャーをかけられる日々・・。もっと薬の専門性を追求する仕事をしたいと思い転職を決意しました。

転職活動では転職エージェント(リクナビ薬剤師)を活用しました。リクナビ薬剤師は薬剤師の転職に関して幅広いネットワークを持っていて、非公開求人を中心に的確な求人を案内してくれたと感じています。

スポンサーリンク



数か月転職活動に日数を要することは覚悟していたのですが、リクナビ薬剤師の面談に足を運んでからなんと2週間弱で転職が終わってしまいました。

転職先に決まったのは地元にある調剤薬局でした。最初は研修でいろいろ覚えることがたくさんありましたが、MR時代と違って薬そのものと日々向き合える仕事内容は自分に合っていると感じています。とにかくコツコツ淡々とした作業です。1日200枚以上のほどの処方箋を10人ほどの薬剤師で処理していきます。残業もあり20時くらいにようやく開放されることも。ただ、日々成長できているという実感があり転職して良かったと感じています。

  (薬剤師の転職 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク