Z会通信添削者の在宅ワークはラクか否かについて(主婦 40代女性)

もう随分前の話ですが、Z会の通信添削者バイトをやっていたことがあります。当時子供が小さく在宅でできる仕事を探していたところ、新聞の求人広告でたまたま見つけたのがきっかけです。

スポンサーリンク



採用に至るまでには、書類選考、筆記試験、模擬添削課題と思っていたよりもハードルが高かったことを覚えています。

仕事内容はZ会から任された答案をマニュアルをもとに採点し、足りない部分や思考法などアドバイスを赤文字を書き込むということ。

Z会は難関校在籍者あるいは難関校志望者が主にとる通信添削なので、レベルは高いと感じました。添削者用のマニュアルを読み込むにも時間がかかったことを思い出します。とにかく通信添削の在宅ワークは思ったよりも手間と時間がかかります。

それなら収入面において期待できるのかというと・・残念ながら私の場合は稼げるとは言い難いと感じました。外にパートかなに働きに出るほうがはるかに効率がいいといいますか。あの作業量でこれだけか・・というのが正直な感想でした。ただ、何年も添削者をやっているベテランさんや学力が極めて高い方ならもっと素早く作業をして効率よく稼げるのかもしれませんが。

仕事量には波があって、仕事が多いときは徹夜をしてこなしていた時もある一方で、少ないときはとても少なく差がありました。通年を通しては、生活費の足しにはなったかなというのが実感でした。

スポンサーリンク



といっても、収入面を除くと、やりがいはありました。いろんな文章を読みながら知識が身に着きますし、勉強にあります。また、今まで培ってきた学力や経験を生かせる実感を得られるというメリットがあると感じました。

また、何といっても在宅で自分が都合のよい時間に作業をできるのは主婦にとってはありがたいこと。家事の合間や子供が寝静まった後など好きな時に作業をできるというのは在宅の仕事ならではの良い点だと思いました。

 (40代女性 主婦)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク