転職して感じた、看護師の仕事の大変なところとやりがい(30代女性)


私は大学の福祉学科を卒業してから医療事務の仕事を3年ほどしていました。医療事務の仕事もやりがいがあり安定した仕事だったのですが、医療現場でより専門的な仕事をしたいと転職を思い立って退職。看護学校に入りなおして看護師の資格をとりました。

スポンサーリンク



遠回りをしたものの晴れて看護師に転職することができました。ただ、想像していた以上に毎日がとにかく大変でした。私は病院の救急センターで働くことになったのですが、まさに地獄といっても過言ではないハードな日々でした。特に看護師に転職して一年目は特に大変でした・・とにかく現場で覚えるべきこと、やるべき作業が山のようにありました。勤務形態も不規則でプライベートの時間など皆無に等しかったです。

また、何かひとつ作業をするにも、担当する患者さんの抱えている病気やケガの状態をしっかり把握しなければなりませんし、スピードと正確さも要求されます。命を預かる仕事というのはこんなに大変なものなのか・・と痛感しました。医療の現場では新人だろうが白衣を着ている以上、プロの看護師としてみなされます。絶対にミスは許されません。非常に責任が重く難しい仕事だと感じました。

スポンサーリンク



難しいといえば、医師はじめチーム内の人間関係にも苦しみました。スタッフ同士でうまく連携をとって役割分担をしなければいけないのですが、指示を受けなくてもやるべきこと、やらなくていいことが最初のうちは全く分かりませんでした。医師や先輩たちから毎日のように叱られながら、ときには患者さんのご家族から怒鳴られて泣いてしまったこともありました。ですから、看護師に転職し得特に1年目は何度辞めたいと思ったか数え切れません。

ただ、やっぱり看護師という仕事は素晴らしい仕事だと感じています。大変な難局を乗り切ったとき、患者さんからの「ありがとう」の言葉や笑顔が忘れられない仕事なんです。それがそのまま私の生きがいにもなっていると感じます。

確かにハードで大変な仕事ではあるのですが、こんなに素敵な仕事はなかなかないと思うのです。また、試練を越えるたびに知識と技術が身に付き、自分自身成長できているとう実感を得ることができる仕事でもあると感じています。一生を通して自分を磨いていける仕事なのです。ですから思い切って転職への道を選んでよかったと思っています

    (看護師の転職体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク