24時間営業のスーパーマーケットでの夜勤の仕事は穴場かも(楽な仕事の体験談 50代女性主婦)


私は現在50代の主婦です。以前、24時間開いている地元のスーパーマーケットで働いていたことがあります。レジ担当で、買い物に来たお客様の接客とレジでの清算を行っていました

スポンサーリンク


当初は昼から夜にかけてのシフトで働いていたのですが、16時~22時頃は行列ができていて、大変忙しかったです。お客さんひとりひとりの買い物量も多かったですし、ひっきりなしに手を動かしていなければなりませんでした。

1円の狂いもないように正確にレジを打つことはもちろんのこと、スピードも要求されました。お客さんのなかには急かしてくる人もいて、プレッシャーもかかっていましたね

そんなある日、そのスーパーが求人広告で夜勤スタッフを募集しているのを知りました。時給が日勤より高いしいいなあとふと思いながら眺めていました。たまたまそんな時期に休憩室で店長がいたので、世間話がてら聞いてみたところ、「まだ採用者は決まってないし、よかったらやってみる?」と言われました。

特に断る理由もなかったですし時給の高さに目がくらみ?私は夜勤シフトに移ることになりました。勤務時間は23時~朝7時までの8時間でした。

やる仕事内容はレジ担当ということで全く同じ。何の違和感もなく仕事に就きました。

実際に夜勤で働くようになって思ったことは「めちゃくちゃ仕事がラク」ということです。

23時台はそれなりにお客さんもいらっしゃいますが、24時それから明け方にかけては店内にパラパラお客さんがいる程度。また、お客さんがレジにいらっしゃっても、1人暮らしと思われる方ばかりで、買い物をする量も少なかったです。大行列ができたなんてことは、近くで花火大会が開催された日を除くとほとんどありませんでしたね。

スポンサーリンク


深夜は稼働させているレジの数は少なくなりますが、それでも暇な時間が多かったです。暇な時間はやることもありませんから、隣のレジ担当とずっと世間話をしていました。おしゃべりをしていると時間が経つのも早く感じましたし、楽しかったです。

しかも、そんな暇でラクな状況なのに日勤の人々よりも時給が高いのですから、かなりオトクなポジションだなと思いました。24時間開いているスーパーマーケットで夜勤で働いてみてしんどいなと感じたことは特にないのですが、唯一辛かったのは眠くてたまらないときがあったことくらいでしょうか。主婦との二足のわらじである以上、朝や昼間に家事をやることはいろいろありどうしても寝不足になってしまうこともあったのです。まあ贅沢な悩みですが・・

24時間開いているスーパーマーケットというのはそうそう数は多くないと思いますが、もし夜勤の仕事を募集していたら穴場かもしれませんよ。

スーパーの仕事は一般的には忙しい割に時給が安い仕事だと思います。しかし夜勤に関しては暇な割に時給が高かったりするのです

  (楽な仕事の体験談 50代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク