調剤薬局からドラッグストアへの転職。薬剤師資格は人生の強い武器(薬剤師の転職体験談 30代女性)


私は薬科大学を出て薬剤師の資格を取得しました。新卒で入ったのは病院の門前調剤薬局でした。

スポンサーリンク



処方箋を病院から持参した患者さんに応対し、調剤をするという役割を担っていました。残業が多く忙しい時期もありましたが、給料はそれなりに良かったです。

結婚を機にその調剤薬局は辞めました。そして子育てが一段落した後、転職先として選んだのはドラッグストアでした。

ドラッグストアは医薬品以外も販売しているため、調剤以外にやる業務はいろいろあります。例えば品出し、レジ、服薬指導、POP作成などなど。

私は薬科大学に通っているときにコンビニでバイトをしていたこともあって、接客や販売業務は得意でした。ですから、薬剤師の資格を生かしてそういった業務もできて楽しいと感じました

薬剤師の資格を取得していれば、転職先は容易に見つかるというのが転職活動をした実感でした。

スポンサーリンク



一般企業の場合、子育て中の主婦にとって転職は不利になることが多いですが、薬剤師の場合、資格と経歴がものをいうので不利とは感じませんでした。

もし家庭との両立に困難を感じるなら派遣薬剤師として短時間で働くという手段も取ることもできます。

薬剤師の資格を取得するためにはそれなりに勉強をしなければいけませんが、国家資格ですし一度取得すれば一生ものの武器になると思います。安定した仕事を将来したいと考えている人は薬剤師の資格はおススメですよ。

 (薬剤師の転職体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク