インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。 転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

ドラッグストアは意外と条件が良い職場!(薬剤師の仕事体験談 30代女性)

ドラッグストアは意外と条件が良い職場!(薬剤師の仕事体験談 30代女性)
薬剤師としてドラッグストアに勤めています。お客様からは「大変ねえ」と言われることが多いです。それは話を聴いてみると、休みがほとんどなくて給料が高くないというイメージを持たれているからのようです。

スポンサーリンク



ドラッグストアは医薬品以外にもお菓子や日用品など安価なものも売られていますし薬剤師が接客・販売を行う場面もあります。

しかし、実際のところ、イメージとは違って、ドラッグストアで働いている薬剤師は結構良い条件で働いているんですよ。

勤務年数にもよりますが、ドラッグストアに勤務すると、年収は大体500万円以上になります。一概に比較できませんが、調剤薬局や病院勤務の薬剤師より若干給料が高かったりするんです

日用品など安価なものも置いていますが、今ドラッグストア業界は急成長して経営状態は良好だといわれています。そして店舗数をどんどん拡大していっています。ですから薬剤師を筆頭に慢性的な人材不足。良い人材を採用しようと給料も高く設定されているのだそうです。

ドラッグストアに勤務している薬剤師は調剤だけやっていればいいというケースは少ないです。商品の品出しや接客・販売など、薬剤師らしからぬ業務もこなしていかなければなりません。また、処方箋の種類も多いので、幅広い知識が問われます。

ですから、忙しいときは本当に忙しいです。ときにはレジ前にできたお客様の行列をさばいていかなければならないことも。

ただ、大学の同級生の話を聴く限り、病院に勤務している薬剤師や門前薬局勤務の薬剤師より休暇数は多いみたいですね。シフト制なので他のスタッフとうまく休暇も調整することができることも関係していると思います。

ただ、ドラッグストアはどうしても土日祝日が忙しくなるので、そんな世間が休みの日に出勤ということはあります。私の場合、平日中心で休みをいただいていました。

スポンサーリンク



ドラッグストア勤務の薬剤師として働いてみて感じた仕事のやりがいは、お客様から直接「ありがとう」の言葉を聞けることですね。

ドラッグストアは住民たちの生活と深く密着しています、老若男女いろんなお客様がいらっしゃいます。お薬のことだけではなく、たわいもない世間話をときにはしながらお客様とコミュニケーションをはかる場面も少なくありません。

そのように普段ドラッグストアを愛用してくださっている常連さんが来て「あなたのおかげで症状がよくなったよ。ありがとう」といった言葉を聞くとうれしいですね

  (薬剤師の仕事体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク