関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

福袋の袋詰め作業はいろんな意味でおいしい!(年末年始の楽なアルバイト体験談 20代女性)


私は現在フリーターで年末年始も色々なアルバイトをしてきました。年末年始のアルバイトは忙しいけれども給料が高いアルバイトが多いです今回は年末に経験した楽なアルバイトの一つを紹介したいと思います。それは福袋の袋詰めの仕事です。

スポンサーリンク





毎年のように某婦人服店で袋詰めのアルバイトをしています。仕事内容はとても簡単です。

作業場にはあらかじめ分類された商品がずらりと並んでいます。そこから決められた個数をピックアップして袋の中に入れていくというものです。

その際商品が破損していないかなども同時にチェックする作業を行っています。

袋詰めをする際には重たいものを下に入れるですとかできるだけ間隔を狭くするなどいくつかのコツはありますが未経験者でもすぐに慣れてしまうような簡単な仕事内容。

仕事内容が簡単ということもありますしあと楽なのは必要以上にコミュニケーションをとる必要がないという点です。

それぞれのアルバイトたちは黙々と袋詰めの作業をしていました。

私もその一人で特に周りとおしゃべりをしながらという場面もなかったのでおとなしめな性格の私にとってはとても楽だったと思います。

仕事をしながら面白いなと思ったのは福袋に入ってる商品を色々と見ることができるという点です。

私はもともと洋服が好きなのでこの服のデザインかわいいな!この色明るくて素敵だなあ!などと商品を詰める事に感動をしながら作業をしています。

すると、毎回のように単純作業にも関わらずあっという間に時間が経っているように思います

スポンサーリンク





なお私が年末に働いてきた店舗限定かもしれませんがかなり緩い雰囲気です

社員さんもやさしいですし休憩時間は設けられていましたがそれ以外も適度に休憩時間が設けられていてゆったりとした雰囲気

それはあまり急いで仕事をしてしまうとアルバイトたちがやる作業がなくなってしまうということもあるのかもしれません。

休憩時間は近くの人とおしゃべりをしたりスマホをいじったり自由に過ごすことができます。

休憩室が設けられていたのでそこではお茶を飲みながらお菓子も食べることができました。

あと、年末の福袋袋詰めバイトでのアルバイトで良い点は時給の良さです。時給はなんと1000円超え!

仕事内容がこれだけ簡単で比較的ゆったりとした作業で作業も面白いのに時給1000円超えとは美味しいですね。

これは多分年末は皆家で団らんのひと時を過ごしたいというわけで人材が集まりにくいという事情があるからだと聞いたことがあります

私の場合フリーターで実家への帰省は正月か年初めに行うので年末はこのアルバイトで美味しい思いをしていまうs

福袋は正月になると販売されるわけですが行列ができます。その中身をいち早く知ることができるというのもなんだかお得感を感じたアルバイトです。

ああ、今年ももう終わりだなあと季節感を感じることができる面も気に入っています。

(年末年始の楽なアルバイト体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク