ショッピングモールでの通行人カウント調査を楽なバイトだと感じた3つの理由(20代女性)


楽なバイトといえば真っ先に思い当たるのが ショッピングモールで 通行人の数をひたすら数えるアルバイトです。

スポンサーリンク




大学の同級生から紹介された二日間のみの短期バイトでした。

どうしてこのショッピングモール通行人カウント調査のアルバイトを楽な仕事だと思ったかというと、理由は3つあります。

理由の一つ目は、仕事が簡単という点です。

なんせ人の数を数えるだけですから。厳密に言えば 二十代三十代四十代といったように大まかな年齢ごとに分類しながら数えていくわけです。

カチカチ押すと数字が増えていくカウンターを使って数えるのですがすぐに操作に慣れることができました。

それを一時間ごとに記録用紙に記入していきます。休憩時間もこまめにあったので疲れると言ったこともほとんどありませんでした。

スポンサーリンク




楽なアルバイトだと思った理由の二つ目は、人間関係が楽だという点です。

カウント中は一人で黙々と数を数えるだけに人間同士のコミュニケーションなどを気遣う必要は全くありませんでした。

たまに通行人に トイレはどこですかなど聞かれることがある程度でした。

楽なアルバイトだと思った三つ目の理由は椅子に座ってできるという点です。

同じような通行人カウント調査でも立っぱなしの調査もあるそうです。

ただショッピングモールという場所柄ということもあってか、椅子が用意されていてそこに座って数えることができました。

ですから、長時間にわたるものの足腰が疲れるということもありませんでした。

特に昼間になると人の出入りはほとんどなくなるのでただぼーっとしながら時間を過ごしているというだけ。

以上のように私はこのショッピングモールでの通行人カウント調査のアルバイトがとても楽な仕事だと思いました。

ちなみに募集があればすぐにその枠は埋まってしまうほど人気のアルバイトであるそうです。

皆さんも見つけたら是非行ってみてください。こんなに楽なアルバイトもあるのか!とびっくりすると思いますよ。

  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク