就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

暇で楽だった派遣事務の仕事(30代女性)


楽な仕事といえば、派遣事務の仕事が私のなかではNO1です。

派遣会社に登録して、条件にあう会社をコーディネーターさんが紹介してくれました。それは某大手企業の事務の仕事でした。時給は1400円でした。

スポンサーリンク




大手企業の仕事はいろいろ仕事が難しいのかも?と不安を抱いていました。

ところが、いざ派遣されてお仕事が始まると、拍子抜けするほど簡単だったのです。

一応電話番も兼ねた事務員でしたが、電話はほとんどかかってきませんでした。

また、ワードやパワーポイントをつかった書類作成業務もありましたが、こちらも簡単で楽でした。

というのは派遣社員の場合、あくまでも正社員の補助という役割であるため、難しい仕事は基本的に廻ってこないのです

正社員から指示されたときだけ作業をするだけでした。

閑散期で指示がないときはどうしていたかというと、待機という名の休憩時間です。

私は(正社員の了解のもと)ひたすら読書にふけっていましたね。ある日などは5時間くらいも待機しているようなときもあって、こんなのでお金をもらっていいのかな?と思ったほどです。

スポンサーリンク




とはいえ、派遣事務の仕事も合う合わないがあるかと思います。私のように特に出世欲がなく「仕事=お金稼ぎの手段」と割り切っている人なら良いかもしれません。

ただ、バリバリ仕事をしたくて仕事にやりがいを求めている人にとっては少々物足りないと感じるかもしれません。

現に私の同期は2か月ほどでお仕事を辞めてしまいました。その原因を聞いてみると「成長できないと感じたから」ということでした。

彼女は得意の英語を仕事を通してもっと磨いて、世界で活躍できる人材を目指していたのです。

ということで派遣事務の仕事は人によって向き不向きがあるかと思います。私の場合、最高に楽でした。給料はバイトよりずいぶん高いですし、仕事は簡単ですし、定時で帰れたからです。

仕事から帰って趣味のアクセサリー作りに没頭することもできましたし本当によかったです。

   (楽な派遣の仕事体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク