就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます
スポンサーリンク

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。

転職エージェントの大手としては、キャリアトレックDODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。

その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 転職に関する求人媒体の中で意外と知られていないのが、転職エージェントの存在です。

転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。

転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。
SNSフォローボタン

フォローする

楽そうで意外ときつかった交通量調査バイトの体験談(20代男性)


世間にはいろんなバイトがありますが、交通量調査バイトは「楽なバイト」として巷でも有名です。

ただ、実際にやってみたところ、私にとっては意外とキツイバイトだと感じました。今回はどんな点でそのように感じたのかについて述べてみたいと思います。

スポンサーリンク




交通量調査バイトは、交差点横などで車道を通過する車の台数をカウントするというお仕事です。

乗用車○○台、バス○○台、トラック○○台、バイク○○台みたいに、カウンターで数えた車両の台数を1時間ごとに記録用紙に記入していきます

本当に簡単で誰にでもできるような仕事です(未経験者でも全く問題ありません)

また、交通量調査バイトの場合、調査中は椅子に座ってできるという利点もあります。

立ちっぱなしの警備員のように足が疲れることもないからです。

一人で黙々と作業をできるため人間関係のトラブルが起こる確率も極めて低いです。さらに、日給が結構高いという利点もあります。

そんないかにも楽なバイトといえる交通量調査。私がきついと感じたのは、「暇で退屈」「気候条件の影響を受けやすい」という2点の理由があります。

それぞれについて以下、もう少し詳しく書いてみたいと思います。

スポンサーリンク




①「暇で退屈」
交通量調査はとにかく長時間に及びます。12時間調査、24時間調査の2種類があります。2時間ごとに交代で休憩(1時間)をとっていくため、実質的にひとりが調査しているのは8時間、16時間ということになります。

それにしても、8時間(あるいは16時間)単に車の数をカウントするだけというのは、楽そうに見えて結構きついです。

傍から見たら「椅子に座ってカチカチ車の台数を数えてるだけで楽そうだな」と思うかもしれません。

私も最初はそのように思っていました。ところが、実際にやってみると、長い長い・・あまりに退屈で暇すぎるんですね。

そうすると、時間が過ぎるのを遅く感じるものなんです。

特に24時間調査の時は半日くらい経って「まだ半分以上残っているのか・・」と絶望的な気持ちになったものです。

誰か話し相手でも居ればまだ時間の経過を速く感じるのかもしれませんが、ひとりだとただ黙々と作業をしているだけ・・今日何食べよう?など考えるにしても時間が有り余りすぎています・・ 

といっても音楽プレイヤーで音楽を聴いたりスマホをいじったりすることは禁止であるものですから、ただひたすら代わり映えのない交差点の風景を眺めているしかないのです。

だからたまに通行人に道を聞かれたりするとき、ものすごくテンションが上がって詳しすぎるほど説明したほどです。

それだけ暇で退屈というのはきついのです

また、睡魔が襲ってきたら本当に地獄です。もし巡回員に居眠りをしているのを見つかったら帰らされてしまう可能性が高いですし、ひたすら耐えるしかありません・・

②気候の影響を受けやすい

交通量調査バイトは路上でのお仕事となります。ですから当然のことながら気候による影響をモロに受けます。

大雨や台風が予想されている日には事前に中止になりますが、それ以外はどんなに寒い日でもどんなに暑い日でも予定日に実施されます。

私は10回ほど交通量調査をやりましたが、最後にやったのは2月の寒い日でした(これで交通量調査バイトにこりました)

その日の気温はマイナス5度。着込んでホッカイロをしても、どうしようもない寒さでした。

ガタガタ震えながら路上に置かれた椅子に座って車の台数を数えました。

しかもその日の交通量調査は田舎道だったので、調査地点の近くに休憩できるような飲食店も何もありません。

周囲は山と田んぼだけ・・そんな場所での24時間調査だったので、休憩時間はあっても休憩するところがなく、地獄でした。

さすがに夜中の2時くらいに、横なぶりの風に乗って、大雪が降ってきたのには参りました。あっという間にジャンバーや手袋もぐしょぐしょになり、手足もかじかんで、感覚がなくなりました。

「みんな暖かい布団で寝ている時間に俺、何やってるんだろう・・?」

「この寒さに耐えるのが自分に課せられた人生の修行なのか・・?」

とにかく悲しくなって泣きそうになったことを覚えています。

それだけに調査時間が終わって日給をもらったとき涙が出るほどうれしかったです。

一方、交通量調査は二度としたくないと思いました。

とはいえ、交通量調査バイトは、ひとりで暇な時間を過ごすのが好きな人、単純作業が苦でない人にとっては確かに楽なバイトだと思います。

気候条件については、春や秋など過ごしやすい時期のみ仕事に入れば私のように辛い思いをすることもそうそうないと思います

  (楽そうで意外ときつかったアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク