給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

駐車場で聞き取りアンケートをする調査バイトはラクでした!(30代男性)


楽な仕事といえば、駐車場で通行人にアンケートをするという短期バイトをしたことがあります。

それは、調査会社が募集していた2日のみの短期バイトでした。

京都にある観光施設の駐車場入り口付近をうろうろして、任意で通行人にアンケートに答えてもらうというものでした。

スポンサーリンク




アンケートと言っても込み入ったものではなく、

「どこから来られたのですか?」
「こちらに来た目的(観光、ビジネスなど)は何ですか?」
「駐車して何か気づいたことはありますか?」

みたいな簡単な質問ばかり。それに口頭で回答してもらいそれをアンケート用紙に記録していくというだけでした。

ちなみにその聞き取りアンケート調査結果をもとに、駐車場やそれに至る道路の改善など行っていくのだとか。

分析は難しそうですが、アルバイトである私たちに課せられているのはあくまでも聞き取りアンケートを行うのみ

「調査員」と書かれた腕章をつけて行っていますし、穏やかそうな人に話しかけていることもあってか、みなさん、快くアンケートに答えてくれました。

中には「おしゃべりで来て楽しかったわ!ありがとうね」なんて感謝される場面すらありました。

もともと人としゃべることに苦でありませんし、同じことの繰り返しなので、楽なバイトだなと感じました。

スポンサーリンク




また、平日だったこともあってか、京都の観光施設とはいえ駐車場に車が入ってくることもそう多くありませんでした。

すると、アンケート調査をしたくても聴きとりをする対象そのものが限られているわけです。

ですから、車が途絶えた後はとにかく暇で退屈になりました。

ということで、近くの調査員や現場監督と井戸端会議をするみたいな流れになっていきました(笑)

競馬の話、株で損した話、心霊スポットの話、北朝鮮ミサイルの話、不倫芸能人の話・・

仕事とは全く関係ない話ばかりで楽しかったですね。

現場監督の人も「車全然来ないし仕方ないよなあ~」なんて言っていて、まったりとした勤務時間が過ぎていきました。

それでいて日給は10000円!適当にウロウロして簡単なアンケートをして、あとは井戸端会議していただけでこれだけもらえるとは!

なんて楽なバイトなんだ!って思いましたね。

(楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク